2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「目が覚めて訃報メールを開く朝」 | トップページ | よく食べる場所を選ばぬ三代目 »

2011年8月13日 (土)

「わが足の下にあるんだ子らの里」

  お盆の民族移動が始まっている。
かつては幼い子どもたちを連れてわが夫婦の実家へ帰省したものだ。
悩まされた渋滞も過去のものとなった。

成人して家を離れた子どもたちにとってはここが故郷なんだね。

今日、来るという娘一家はまだ来ない。
今年、婿の祖母が亡くなり新盆だから、そっちが先なんだ。
夕食をわが家でとの予定だったようだが、祖母の新盆では簡単には抜けられまい。
さっき、カミさんに「夕食はいらない」と電話があった。
美味しい料理を作ろうと思っていたカミさん、さすがガッカリの様子だった。

今は亡き、母親もそんな気持ちでオレたちの帰省を待っていたんだね。
手製のオヤキ、どっさり作って待っていた。オフクロの味が一番だと今でも思っている。

今年は墓参りには行けそうもない。
あの世で「元気ならわざわざ来なくてもいいよ」と・・寂しそうに言っている気がする。

« 「目が覚めて訃報メールを開く朝」 | トップページ | よく食べる場所を選ばぬ三代目 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わが足の下にあるんだ子らの里」:

» 結婚生活と夫婦の老後生活 夫婦の老後情報サイト [結婚生活と夫婦の老後生活 夫婦の老後情報サイト]
夫婦生活について解説されたサイトです。 [続きを読む]

« 「目が覚めて訃報メールを開く朝」 | トップページ | よく食べる場所を選ばぬ三代目 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本