2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« “六十の坂をこゆ夜ぞ やっこらさ(一茶)” | トップページ | カミさんに濡れ衣はらす釜のふた »

2011年9月14日 (水)

あなただれ優しい保母にすがりつく

 都下に住んでいる共働きの娘夫婦から仕事の都合で11ヵ月の娘(孫)を保育園に迎えに行けないとSOSが入った。この厳しい残暑、車での迎えになる。

運転手を兼ねてカミさんと夕方、娘宅へ、そこから車で保育園へ。

17時半、まだまだ園児は多かった。
孫は、一人だけサークルベットで寝ていた。

保母さんに抱かれてきた。
「おばあちゃんとおじいちゃんですよ」と保母さん。
じ~っとこちらを見ていた孫、つぃと顔を反らして保母さんに抱きついてしまった。

1ヵ月前に会ったばかりなのにね!

それでも泣かずに帰宅。
すぐに慣れてしまいJiJi,BaBaと大声を挙げて遊び回った。

Img_07471

疲れたが可愛い孫との夕べだった。

« “六十の坂をこゆ夜ぞ やっこらさ(一茶)” | トップページ | カミさんに濡れ衣はらす釜のふた »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなただれ優しい保母にすがりつく:

« “六十の坂をこゆ夜ぞ やっこらさ(一茶)” | トップページ | カミさんに濡れ衣はらす釜のふた »

無料ブログはココログ

お気に入りの本