2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 恐ろしや身の置き所なきわが国土 | トップページ | その答教えてほしい大先輩 »

2011年9月 2日 (金)

寝そびれて雷ひびく台風夜

 この蒸し暑さは耐えがたい。

そのせいか、昨夜はなかなか寝付けなかった。深夜1時過ぎには猛烈な雨降りになった。
この雨が隣家の金属製の屋根にあたって大きな音をたてる。
これに加えて雷鳴が轟いた。猫が怯えてベッドに上って来る。

これがタイトルの5,7,5調となった。
同郷でもある好きな小林一茶の句に「すき腹に雷ひびく夏野かな」がある。
雷鳴を聞いていたら、この句を思い出したので「雷ひびく」を使ってみた。

「台風」は夏の季語だそうだから、まあ、これは俳句なんだろうね。

« 恐ろしや身の置き所なきわが国土 | トップページ | その答教えてほしい大先輩 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝そびれて雷ひびく台風夜:

« 恐ろしや身の置き所なきわが国土 | トップページ | その答教えてほしい大先輩 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本