2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 吹きつけと背中合わせの昼寝顔 | トップページ | 先歩くどこでもらったその元気 »

2011年10月12日 (水)

ふれあいは秋の虫たちペタル道

  初めて長距離サイクリングに挑戦してからもう半世紀近くたつ。
当時は友人と2人、横浜から伊豆の下田を目指したが伊東の近くで陽が暮れてしまい現地で泊まった。結局、下田行きは頓挫して引き帰した。お尻が痛かったのを思い出す。

それ以来のチャレンジだ。
埼玉県が広報などで盛んにPRしている大規模自転車道は総延長178.8kmで全国4位だそうだ。
そこで、そのうちの1つ、「水と緑のふれあいロード」を走ってみた。

このロードは春日部市の内牧公園から久喜市菖蒲の見沼代用水路まで、距離は20km以上あると思われる。往復40kmを超えるかかも・・。

全線舗装で快適なサイクリングができた。
殆ど人に出会わず、路上で日向ぼっこしていたイナゴ、カマキリなどが驚いて飛び上がった。
ふれあいの相手は人でなく秋の虫たちだった。

行政にも注文をつけたい。
県道、国道、高速道路、踏切などを横切ると、渡った先が分からない場合が多い。
特に白岡町役場前から東北道の下を抜けてから住宅地内を何回か曲がり次のロード入口までなど、初めての人には絶対に分からないだろう。

また122号線を超えた先には案内板がない。
大きな工場ができており、それらしいロードも見つけられなかった。
やむなく引き帰した。こうして4.5時間のペタル踏みは終わった。
さすがに・・お尻が痛くい!

ハード(道)はできてもソフト(地図、案内板、ベンチなど)面はまだまだの感じだったネ。
写真は「続き」で・・

水路に沿った自転車道Img_08261
黒沼用水の伏越橋の案内Img_08301_2

伏越橋の現況(黒沼用水はサイフォン方式で川の下を潜っている)Img_08331

« 吹きつけと背中合わせの昼寝顔 | トップページ | 先歩くどこでもらったその元気 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふれあいは秋の虫たちペタル道:

« 吹きつけと背中合わせの昼寝顔 | トップページ | 先歩くどこでもらったその元気 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本