2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ヘボ料理 立派な皿に盛り替えし | トップページ | 歩く旅ババがジジ引く東海道 »

2011年10月19日 (水)

出たくても出られぬ人に想い馳せ

  かつて国体のアーチェリー会場だった場所が広い芝生広場になっている。
今日、そこで県の高齢者財団に関係するシニアたち200名以上が各地から集まってグラウンドゴルフ大会が行われた。

ゲームのようすは、ジジババが童心にかえって「入った」「惜しい」・・を連発していたのはいつものことだ。

同じ組のメンバーはすべて初対面だ。
いろいろ話をするが、病気の話しも多い。それも外に出られなくなったお仲間の話題が多い。確かにこのお齢頃になると五体満足な人はマレだろう。

200人の陰には外に出たいけど出るに出られない人が大勢いる筈だ。病気だけ出なく介護や足がない(この会場へは公共交通機関が少ない)なども考えられる。
こうして元気に飛びまわれるのは幸せだ・・ということが話しの結びになる。

駐車場を見れば、殆どが新型のきれいな車だ。新車からポンコツ寸前の車が混在する米国の駐車場とは大違いだ。

豊かな老人たちよ、人生を楽しみたまえ!
ただし、私は豊かではないので念のため・・。

« ヘボ料理 立派な皿に盛り替えし | トップページ | 歩く旅ババがジジ引く東海道 »

サークル活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出たくても出られぬ人に想い馳せ:

« ヘボ料理 立派な皿に盛り替えし | トップページ | 歩く旅ババがジジ引く東海道 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本