2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 中高年ガンバリ系が生き残り | トップページ | まなざしはおもちゃの先か運動会 »

2011年10月 8日 (土)

にぎわいの一翼になう大学生

 大学も少子化の流れの中で生き残るをはかっている。

今日の公開講座は・・・
「羽根つきJAPANで春日部を元気に!」~IT活用のイベント学~
  
というタイトルだった。(主催:埼玉県春日部市の共栄大学

冒頭の大学の生き残りのためととらえれば、特色ある大学にしようとする大学経営の一環だろう。
この大学の特徴は学内に学生を社長とする有限会社をもっていることだ。
この会社を通じて地域の活性化に貢献している。もちろん営利会社だから相応の利益を出しているようだ。

~IT活用のイベント学~・・とあるから、ある程度総合的な情報システムを構築していると思ったが、今日、聞いた事業の範囲では販売するグッズ作りや販促物の企画・デザイン・印刷に留まっているようだ。

それでも、大学で実社会の経済活動を経験できる意義は大きい。
学生がすべて大企業に就職できるわけがなく、中小企業に就職すれば広い範囲の職務をこなさなければならない。即戦力とはいかないとしても短期間で業務に慣れるはずだ。

大学の全入時代を迎えて、一般教養の大学から実務教育の大学への考えは時代に合っていると思う。

モノがあっても企画、財務、営業なしには会社は動かない。単なるモノ作りだけでなく経営に必要な経験もぜひさせていただきたい。期待しています。

写真は大学近くの公園です。Img_08211

« 中高年ガンバリ系が生き残り | トップページ | まなざしはおもちゃの先か運動会 »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にぎわいの一翼になう大学生:

« 中高年ガンバリ系が生き残り | トップページ | まなざしはおもちゃの先か運動会 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本