2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 出たくても出られぬ人に想い馳せ | トップページ | 街並みやシニアはまず土産買い »

2011年10月20日 (木)

歩く旅ババがジジ引く東海道

  7人で旧東海道を庄野宿から関宿まで16kmを歩きました。東京駅を午前7時33分発、名古屋で関西線に乗換え加佐登駅へ。庄野宿は踏切を渡った先にありました。お天気は快晴でした。

次ぎの宿の亀山宿まではほぼ関西線に沿って歩きます。旧道は車も少なく豊かな自然環境の中を歩きました。

亀山宿は旧城下町、城下町らしい落ち着いた街並みが続きます。案内板も道路もきちんと整備され観光客に優しい街ですね。広重が「東海道五十三次・亀山」を描いたと思われる場所を見つけましたが、お目当ての多聞櫓は工事中でカバーがされており見られませんでした。

野村一里塚(写真)は三重県で完全な形で残っている随一のものだそうです。椋の大木に歴史を感じます。Img_08621

鈴鹿川に沿って歩くと関宿です。鈴鹿川の河岸段丘の上に1.8kmにわたって家並が続きます。建物は江戸期から戦前までの木造家屋です。奈良井宿も妻籠宿も長さにおいては関宿に敵いません。(写真は関宿に到着)Img_08661

関駅近くの「道の駅」までホテルの車に迎いにきてもらいました。
スーパーで明日の食料を調達してからホテルに向かいました。
今晩の宿は「国民宿舎関ロッジ」です。

« 出たくても出られぬ人に想い馳せ | トップページ | 街並みやシニアはまず土産買い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩く旅ババがジジ引く東海道:

« 出たくても出られぬ人に想い馳せ | トップページ | 街並みやシニアはまず土産買い »

無料ブログはココログ

お気に入りの本