2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« やりきれぬ 社会の隅で灯が消える | トップページ | この身近 歴史の教訓繰り返す »

2011年11月21日 (月)

このオフは楽しみ増した紅白戦

  解任された元読売巨人軍GMの清武氏が「法廷闘争も辞さず」と言ったら、渡辺会長が「辣腕弁護士を10人揃えて受けて立つ」と答えたそうだ。

プロ野球もオフシーズンになってストーブリーグに話題が移ったが、このオフは巨人の内紛が加わり更に面白くなった。トップ陣の紅白戦だね。

所詮、世の中ではごく普通なことで企業内の内輪モメだ。存分におやりなさい。楽しませてもらいます。第2幕はいつ開くのかな・・。
横浜ベイスターズを買い取ることになったモバゲーが訴えられたそうだ。プロ野球各チームの親会社には品位と健全性が求めれるとか・・。プロ野球の盟主を以って任ずる球団の会長には品位があるのだろうか? 五十歩百歩だと思うけど・・。

そんな折り、ドラフトで日ハムが指名した菅野投手(東海大)が1年浪人するという。プロ野球そのものを1つの会社と見ると理解が早い。

プロ野球という会社に内定したが所属部署が気に入らないから、来年また入社試験を受けてお気に入りの上司がいる部署(巨人)に入り直したいということだ。
果たして、来年もお気に入りの上司が在籍しているのかな、左遷されていないかもしれないよ。まあオトナの菅野君が熟慮した果ての結論だろう。幸運を祈る。

« やりきれぬ 社会の隅で灯が消える | トップページ | この身近 歴史の教訓繰り返す »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このオフは楽しみ増した紅白戦:

« やりきれぬ 社会の隅で灯が消える | トップページ | この身近 歴史の教訓繰り返す »

無料ブログはココログ

お気に入りの本