2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 余裕あり江戸期の旅がうらやまし | トップページ | 冬の月 七十億人星の陰 »

2011年12月 9日 (金)

時雨れるや 駅の南北江戸探し

  寒い1日だった。昨夜から午前中まで雨もよう。しかも雪がチラチラ混じっていたようだ。それでも、わが元気グループ12名はウォーキングに出かけた。午後からは青空になり紅葉が一段と見事だった。

都心に江戸の面影を求めて東京メトロ後楽園駅の南北を歩いた。まず水戸藩二代藩主徳川光圀の代に完成した小石川後楽園へ(下の写真の上)。園内を散策後、北野天満宮、傳通院(下の写真の下:千姫の墓)、沢蔵司稲荷、源覚寺など江戸の史跡を訪ねた。この地域の史跡探索は初めてで楽しいひとときを過ごせた。

冬至が近く16時を過ぎると薄暗くなる。打ち上げを終わり外へ出たらまん丸お月様、旧暦11月15日の満月が輝いていた。明朝は冷え込みそうだ。Img_10331 Img_10441_3

« 余裕あり江戸期の旅がうらやまし | トップページ | 冬の月 七十億人星の陰 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時雨れるや 駅の南北江戸探し:

« 余裕あり江戸期の旅がうらやまし | トップページ | 冬の月 七十億人星の陰 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本