2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 毎朝の観音経でボケ逃げる | トップページ | 平和ボケ人選ボケにアホ答弁 »

2012年1月30日 (月)

働き手一人に一人高齢者

  国立社会保障・人工問題研究所が2060年までの将来人工推計
人口を公表しました。

2048年に総人口が1億人を割り、2060年には8674万人まで減る見
通しだそうです。

私は日本の人口は半分くらいが国民には住みやすいと思います。
ただ、そこまでの人口減少の過程がさまざまなひずみを伴います。

また、統計的には既に分かっていながら税、年金、産業育成など
の長期的な政策を取ってこなかった政治がダメだったのは確かで
すね。これは今の国会を見れば一目瞭然です。

2060年には10人のうち、4人が65歳以上の高齢者、5人が大人、1
人が14歳以下という世代構成になります。

これをどう見るかさまざまな見方があるかと思います。

私から見れば一昨年生まれた孫が50歳に頃になる頃です。
その時の親は高齢者になっています。ほぼ1人が1人を支えなけれ
ばなりません。

親は資産を建物や土地で残しても人口減で空き家や遊休地が増え
て一般的には価値が落ちますね。

どうしたらよいか?・・
今の働き手の皆様も真剣に考えてほしいと思います。







« 毎朝の観音経でボケ逃げる | トップページ | 平和ボケ人選ボケにアホ答弁 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働き手一人に一人高齢者:

« 毎朝の観音経でボケ逃げる | トップページ | 平和ボケ人選ボケにアホ答弁 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本