2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 小便の致しどこ無き花の江戸(古川柳) | トップページ | ムリ言わぬ福は1つでお早くに »

2012年1月 5日 (木)

あれこれと眺め回して診察し

 次ぎの連休中に常備薬が切れそうです。
夕方、いつもの医院を訪ねました。

10月の肺がん健診で結果は灰色(MRI、後にこの画像はシロと判明)
でした。健診時にパソコンが故障していて、いろいろな角度からの分
析や診断ができなかったのですが、今日は画像処理したさまざまな
画面を医師が説明してくれました。

横から、下から、裏から、斜めから、拡大、色付けなどして、とっかえ
ひっかえ私の肺を動かして灰色部分を探しました。私の目も画面に
釘付け・・。結論は「キレイなモノですね」と医師の一言。

改めてITの医療面での活用に驚かされました。
でも、医療のトータルシステムは未だですね。

私はこの医師に他の医療機関で受けた診断結果を報告しています。
できるだけ身体の総合的な意見を聞きたいからです。身体の各臓器
はそれぞれ勝手に動いているのではないからです。

同じような検査を別の医療機関も行うなど、結構ムダも多いと思います。
カルテをIT化して患者情報を一元化すれば便利だと考えますが・・。

結構、勉強になった診察時間でした。
夕方のこの時間が患者数が少なく、医師との対話には好都合です。

« 小便の致しどこ無き花の江戸(古川柳) | トップページ | ムリ言わぬ福は1つでお早くに »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれこれと眺め回して診察し:

« 小便の致しどこ無き花の江戸(古川柳) | トップページ | ムリ言わぬ福は1つでお早くに »

無料ブログはココログ

お気に入りの本