2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 立ちつくす笑顔の裏の怖いモノ | トップページ | 落語家もお題に詰まる寄席舞台 »

2012年2月12日 (日)

さすがだね老舗旅館の練れたモノ

 いろいろあった昨日は式場のある町から電車で40分の温泉旅館に
泊まりました。

式後都内から駆けつけた二女も加え、総勢5名うち男は私だけ。

泊まった温泉旅館は娘が手配した敷地6000坪もある老舗旅館です。
建物は木造で大正期に建築されたというレトロ調、すべて平屋建て。

その81号室でした。和室2、洋室1、それを囲む廊下、トイレ、浴室付。
大浴場は大理石浴場、展望風呂、露天風呂など3つの豪華版。
専用庭があり庭の眺めも部屋からだけのものです。
食事は2食とも部屋でいただきました。

部屋で見たパンフレットにはこの部屋だけの予約版があるとか・・。

宿泊料金は厳冬期でもあり通常価格より安かったようです。

建物、設備もさることながら形に見えないサービスも素晴らしい!。
笑顔、言葉などもちろん、決して目立たないけど即対応のサービス
、売店の販売商品価格の妥当性など一朝一夕ではできないものばか
りでした。

残り少ない人生にとって思い出に残る旅でした。
血のつながった家族に新たに加わった孫を加えての旅!

また実現できるかな。

写真は乗った電車(実は看板)と散策した古城の櫓Img_11901_4 Img_11931_2

« 立ちつくす笑顔の裏の怖いモノ | トップページ | 落語家もお題に詰まる寄席舞台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがだね老舗旅館の練れたモノ:

« 立ちつくす笑顔の裏の怖いモノ | トップページ | 落語家もお題に詰まる寄席舞台 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本