2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 知らぬ間に積み上がらぬか放射線 | トップページ | 山々の春雪仰ぐ墓参り »

2012年3月20日 (火)

公正と信義なかったこの世界

 「日本人の誇り」(日本人の誇り著、文春新書)を読みました。

本書は「第一章 政治もモラルもなぜ崩壊したか」から始まり、
日本文明のすならしさ、祖国への誇り、・・などから昭和史を掘り起こし
「第八章 日本をとり戻すために」どうしたらよいかまでを述べています。

著者は昭和史ではなく、黒船来航から占領までのおよそ100年間の時
代背景と日本の立場を理解する必要があると言っています。

日中戦争、日米戦争の本質は何だったのか?
本書の記述と、自分が戦後の教育やメディアから受けていたことと大き
く違っていたことにビックリです。

確かに・・・
明治維新でそれ以前の価値観はダメ!、太平洋戦争の敗戦でそれ以
前の価値観がダメ!・・と日本文化の価値観は分断してしまいました。

“現憲法の前文「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」は「国
益のみを愛する諸国民の権謀術数と卑劣に警戒して」が残念ながら現
実だ”・・と述べています。ここから本ブログのタイトルをいただきました。

さて、どう日本をとり戻したらよいのでしょうか?
“祖国が育んできた輝かしい価値観を再認識する必要がある」と説いて
います。詳しくは本書をお読み下さい。

« 知らぬ間に積み上がらぬか放射線 | トップページ | 山々の春雪仰ぐ墓参り »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公正と信義なかったこの世界:

« 知らぬ間に積み上がらぬか放射線 | トップページ | 山々の春雪仰ぐ墓参り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本