2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 北条で明けて暮れるや戦国期 | トップページ | 知らぬ間に積み上がらぬか放射線 »

2012年3月18日 (日)

病えて亡き親に告ぐ彼岸かな

 今はお彼岸の最中ですね。

今年はこの期間、信州に眠る両親の墓参りに行こうと思います。

いつも実家に住む弟夫婦に代理墓参を頼んでいました。

そんな怠慢かどうか、わが身も老境に入り身体のアチコチに故障
が目立つようになりました。手術も来月に迫っています。

老と病、それに死は生き物にとって避けられませんが、せめて死
に至るまでは有意義に平穏に過ごしたいと思っています。

元気なうちにお彼岸に親の墓参り、重い腰がやっと上がりそうです。

「彼岸」は歳時記によると春の季語ですね。
秋にも彼岸はあるけど・・・

« 北条で明けて暮れるや戦国期 | トップページ | 知らぬ間に積み上がらぬか放射線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病えて亡き親に告ぐ彼岸かな:

« 北条で明けて暮れるや戦国期 | トップページ | 知らぬ間に積み上がらぬか放射線 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本