2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 読むだけでやらなきゃできぬボケ防止 | トップページ | 愉しみも中くらいなりおらが老い »

2012年4月 2日 (月)

歯医者では口開けさせて口封じ

  歯医者へ毎月通っています。

一昨年までは、歯に何か異常を感じたときしか歯医者へは行
きませんでした。

「毎月来ていただいてお掃除した方がイイですよ」と歯科医師が
言いましたので、以来、お言葉に甘えさせていただいています。

ところが月一の定例診療となって十数回、掃除で終わったのが
たったの一回です。今までこれが支払の最低料金でした。

きょうも・・
歯科医師、私の口を開けさせて、「下の××番が△△になって
いるので治療します」と一方的に(こっちは開けた口をかき回わ
れているので聞くだけ)に通告されて歯を削り始めました。

この日を費用は最低費用の実に4倍でした。

結果的には、いつも患者の承諾を得ないサービスをしてその金
額を請求しているわけですね。

それでも私は、支払金額が数百円で身体のためと思いガマンし
ていますが、社会の取り引きとしてはオカシイですね。

それとも、どこを向いても歯医者だらけ、ミミチイ努力を積み上
げなければ食っていけない歯科者さんに同情しましょうか!

こんなことを考えてながら、ただ口を開けているしか能がない年
寄りでした。

« 読むだけでやらなきゃできぬボケ防止 | トップページ | 愉しみも中くらいなりおらが老い »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者では口開けさせて口封じ:

« 読むだけでやらなきゃできぬボケ防止 | トップページ | 愉しみも中くらいなりおらが老い »

無料ブログはココログ

お気に入りの本