2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 血を貯めてまな板の鯉迫り来る | トップページ | 今年また古城の池に桜映え »

2012年4月 7日 (土)

校門が学びと花の世界分け

  隣市にある大学の特別講演を聴きに行きました。

大学は元荒川の川沿いにあり、土手に沿って桜が植えられてい
ます。この時季、桜は今が満開で例年なら人出が最高の時です。
でも、冷たい北風が吹き抜けるこの寒さ、川原に人影はまばら。

一転して学内はにぎやかな講演会モードでした。
200人の会場がイッパイ!熱気に包まれています。
受講生も年齢層も幅広く、シニアばかりを見慣れてた目には新鮮
に映りました。若い人や女性が多いと活気がありますね。

第1部が女性学長の講演でした。
いつものことながら始まってすぐに寝てしまい、殆ど内容は不明。
しかし、頭はこれでスッキリ・・。

第2部は「『論語』の魅力」と題した文学部教授のお話でした。
これは2時間におよぶ長講演、興味深く熱心に耳を傾けました。

講演の中で心に残ったのは下の文章です。
「子曰 知之者不如好之者 好之者不如楽之者」
「先生が言われた。「ものごとをただ知っている人は、これを好み
親しむ人に及ばない。これを好み親しむ人は、楽しみ心ゆたかに
すごす人には及ばない」

元荒川に沿った桜並木(写真上)と対岸の大学(写真下)です。Img_13411

Img_13391_3

« 血を貯めてまな板の鯉迫り来る | トップページ | 今年また古城の池に桜映え »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校門が学びと花の世界分け:

« 血を貯めてまな板の鯉迫り来る | トップページ | 今年また古城の池に桜映え »

無料ブログはココログ

お気に入りの本