2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« のびのびと湯船で見下ろす傷の痕 | トップページ | 医療界作法あるよと患者にも »

2012年5月 3日 (木)

子どもにはこの家こそが故郷なり

  体調は相変わらずよくありません。

そんな中、孫が来ました。1歳7ヵ月の女の子です。

入院中に孫を連れて娘が見舞いに来たいと言って
来ましたが断りました。病院はそれこそ病人の集ま
り、病気を感染させたら悔やみきれないからです。

事実、病院も12歳以下の子どもは面会できません、

やっと3世代の集いが実現しました。

孫はまた一段と成長したようです。

ジジイにも愛嬌を振りまいてくれます。

自分たちが古里へ出かけていたのが、今では子供
たちの古里になった我が家を訪ねて来る時代にな
りました。楽しい数日になりそうです。

写真はジジとパソコンで遊ぶ孫娘Img_13681

« のびのびと湯船で見下ろす傷の痕 | トップページ | 医療界作法あるよと患者にも »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもにはこの家こそが故郷なり:

« のびのびと湯船で見下ろす傷の痕 | トップページ | 医療界作法あるよと患者にも »

無料ブログはココログ

お気に入りの本