2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« みちのくの赤い輝きサクランボ | トップページ | 久しぶりきょうも患者が溢れてる »

2012年6月28日 (木)

イギリス人古代ローマの人に似る

 「ローマ人に学ぶ」(木村凌二著、集英社新書「お気に入りの本」
参照)を読みました。

1200年の歴史から古代ローマ人の特徴を挙げていますが、私に
はちょっと理解できませんでした。さまざまな要因と長い年月が流
れており、複雑な背景と変化の分析なしに断片的に理解できるか
・・と素人のわが身は考えます。

本書の「おわり」に・・
“・・イギリス人はインド支配においても、英語を強要するわけでは
なかった。それよりも、英語を知っていると得をするぞと匂わせる
のである。この手口はローマ人が征服地の人々にラテン語を強要
しなかったのと確かに似ている。”

“戦中の日本の植民地支配は逆だった。当時の指導者層がロー
マ史を学んでいれば、事情はかなり異なっていたかもしれない。”
・・と述べています。

私は数十年前にイギリスに事業研修で赴任していましたが、ロー
マ史との関係で日本とイギリスとを比較したことはありません。

ローマ史を勉強していなかったことでもあり、また当時のイギリスは
サーチャーの改革以前で、経済は停滞し市民生活には活気があり
ませんでした。いうなれば古代ローマでいえばもう消滅の一歩手前
だったようでした。でも見事に立ち直りましたね。

一面、フォークランド紛争におけるイギリスの対応はまさに古代ロー
マの外敵征伐にそっくりでしたね。

塩野七生「ローマ人の物語」を再読して、比較するチャンスが持てれ
ば・・と思います。

写真:ユリの季節になりました。Img_15241

« みちのくの赤い輝きサクランボ | トップページ | 久しぶりきょうも患者が溢れてる »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス人古代ローマの人に似る:

« みちのくの赤い輝きサクランボ | トップページ | 久しぶりきょうも患者が溢れてる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本