2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 旅行けば肌で感じる世の動き | トップページ | まだやるの青票入れた元首相 »

2012年6月25日 (月)

“百姓たりといえども二君に仕えず”

 この20日に山形県鶴岡市の藤沢周平記念館を訪ねました。

記念館では同氏著書「義民が駆ける」の展示が特に目を引きました。
同館の企画展示で展示スペースが広かったからでしょう。

この本は天保年間(1830~1844)に起こった庄内藩の「天保義民
一揆
」を題材にしていました。

作者の言では、庄内地方では人口に膾炙しているそうですが私には
初めて耳にする歴史上の事件です。

川越藩、長岡藩、庄内藩の藩主国替え阻止騒ぎとのこと、数年前に
川越歴史博物館を訪ねましたが、確かこの件についての説明展示は
なかったように記憶しています。・・とすると、

何か川越藩に不都合なことだった・・かも知れません。

こんな疑問が湧きました。

それなら「義民が駆ける」を読もう。・・と思い、さっそく朝、図書館で借
りてきました。小説から騒ぎの真相に迫ります。

夕方、地域仲間の親睦会から帰るとカミさんが
「庭で花が咲いているよ」
「早く撮らないと明日は萎れちゃう」
そして「花の名前がわからない、調べて」と言いました。

どなたか花(写真下)の名前を教えて下さい。(クリックで拡大します)Img_15171

« 旅行けば肌で感じる世の動き | トップページ | まだやるの青票入れた元首相 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “百姓たりといえども二君に仕えず”:

« 旅行けば肌で感じる世の動き | トップページ | まだやるの青票入れた元首相 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本