2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 下心隠して声をかける朝 | トップページ | アメリカの深慮遠謀極まれり »

2012年7月24日 (火)

崖っぷち頼みの綱の心細さ

 がん保険といえば日本ではアフラックが先駆的な役割を
果しましたね。

私も今年春の癌手術では大いに役立ちました。

ところが、こんなニュースが・・
アフラックの“欺瞞”にメス金融庁が前代未聞の長期検査

私の場合は、請求から短期間で支払いを受けました。

受取金額も契約書通りでした。

いったい、どんな状態で支払いの杜撰さが起こっているのか
この記事だけでは分かりません。

まだまだ・・、生きている限りこの保険が役に立ちそうです。

シニアには死んで支払われる保険金よりも、生きている間に役
に立つ保険の方がありがたいんです。

しっかりした運用と金融庁の監査と指導をお願いします。




« 下心隠して声をかける朝 | トップページ | アメリカの深慮遠謀極まれり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 崖っぷち頼みの綱の心細さ:

« 下心隠して声をかける朝 | トップページ | アメリカの深慮遠謀極まれり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本