2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

まず削れ歳費と政党交付金

 赤字国債を発行する特例公債法案が今国会の会期末までに
成立しない見通しですね。

そのために財務相は各省庁への予算の執行を抑制する方針だ
そうです。

借金(国債)による収入が止まりキャッシュ不足になるわけです。

メディアは各省庁の電気代、出張費など予算額の半分以下しか
使わせないとか、地方交付税、国立大学法人や独立行政法人
への運営費交付金、私学助成金を半額にすると伝えています。

それぞれの方面に大きな影響は出るでしょう。

元を質せば、政治の混迷にあります。
永田町のセンセイ方の自作自演劇による結果でしょう。
国のキャッシュフローをご存知なかったんですから・・。

ならば、まず支払いを削るべきはセンセイ方の歳費、文書交通
費など、それに政党交付金です。

企業は手持ちの現預金が詰まれば経営者の報酬カット、次いで
経費削減です。経営者は金繰りに走り回るんですよ。

こんなこともわからず、国会を開店休業とは許せません。
走り回るのは選挙区でなく法案を通すことなんです。

今日で8月も終わります。
残暑が厳しいですね。
明日からは電気代が値上になります。
庶民の家計には厳しい秋が迫っていますね。

2012年8月30日 (木)

つかの間の冷風受ける箱の中

  懇意にしている山形(村山地方)の物産販売店から
電話をいただきさっそくお訪ねしました。

店は車で35分隣県の川辺、公共交通機関はバスだけ、
それも時間が倍以上、料金も高い。

ということで・・
車検が終わって初めて乗る車です。ほぼ1ヵ月ぶり。
普段は健康のため電車、自転車、徒歩が主役です。

往復1時間ちょっと、冷房の効いた車内で涼しさを満喫
しました。エアコンフル運転のお店ではヨモヤマ話で楽
しいひとときでした。

モモ、ブドウ、その他加工食品などいっぱい抱えて帰り
ました。もちろん値段も大サービスいただきましたよ。

着いた自宅は節電中で相変わらずの暑さ。
エアコン、扇風機、グリーンなど、無い知恵を使ってエコ
生活をしています。

写真:大きく伸びたバギナがジャングル部屋を作って
います。Img_16531

2012年8月29日 (水)

なるほどね大根役者半分に

 参議院本会議で首相の問責決議案が可決されました。

“かくて衆愚の競演は罵声の中で幕を引き。
舞台に乗せたのは増税劇のみ。
そんな役者は半分でいいとの声あり。”
       (8/29朝日新聞夕刊 素粒子)

違憲状態を1年半以上も放っておく。
自らのけじめをつけられずヤレ選挙だ・・と御身大切に
こんな役者たちを選んだのは間違いだった!

テレビなどで「先生」「先生」と呼んで呼ばれている。
恥ずかしくないのかな・・

2012年8月28日 (火)

足元の使節守れぬお隣さん

 こんなタイトルでは中国人の友人から文句がでそうです。
でも皆さんの母国は世界の常識が通じない国です。
政治を本音で話せないの残念です。

狂歌として下句を付けると
「足元の使節守れぬお隣さんデカイ顔して国連仕切る」です。

仮にも国連の常任理事国のお隣さん、世界平和に重要な役
割りを担う大国が自国に駐在する大使を守れないなんて・・

お笑い種です。

2012年8月27日 (月)

わが動き人影なくも見られてる

  残暑が厳しいですね。

外出しても通りには人影が少ないですね。

いつもの医院へ行き、門前薬局へ寄ったら薬剤師さんに
「いつも夕方にお出かけですか?」と聞かれました。

私の昨日の行動を見ていたんですね。

聞かれた真意は
「夕方とはいえ、暑いのにお出かけとは大変ですね。」です。
私の持病を心配しての言葉です。

カミさんも言っていました。近所の奥さんの言葉だそうです。
「毎朝、歩いているんですね」・・と。

わが夫婦の早朝ウォーキングを見ているんですね。

この地域の自治会も高齢の単身世帯が増えました。
まだ、孤独死は1件も発生していませんが、ご近所の目も
孤独死の防止に役立てばいいですね。

ここは隣市との市境で、両市の広報スピーカーが聞こえます。
今日もまた、「○○さん家を出たまま行方がわかりません」と
いう音声が流れました。うだる暑さに哀れさが響きます。

「見て見られ安否がわかるあなたの目」

2012年8月26日 (日)

これ以上増えてくれるながん仲間

  同じ年代の仲間からがん(癌)の知らせが2件と
お世話になっているお取引先の若い女性から1件
の計3件のがん診断結果の連絡がありました。

新たにがんが見つかった女性を除いた2人は転移
とのこと。わが年代はがん年代なんですね。

がん仲間はお互いに情報交換には役に立ちます
が、新たな新規加入は歓迎できませんね。

友人、知人には健康で長生きしてほしいから。

病気メールが届くたびにわが身の賞味期限切れを
意識しているこの頃です。



2012年8月25日 (土)

情けなやリズム狂わすこの残暑

   昨朝から体調がおかしくなりました。

目まいがする。
食欲がない。
だるくて気力が湧かない。

今朝のウォーキングや昼間の予定は中止。
軽く朝食を摂った後、再度横になったらいつの間に
眠ってしまい、目が覚めたら11時でした。

食事や運動と節電などのエコ努力とのバランスを取
ってきたつもりですが、晩夏のここへ来てこのバラン
スが崩れたようです。

「夏よ行け早くふけふけ秋の風」

2012年8月24日 (金)

同病で慰め合えぬこの病

  厚労省推計によると認知症患者が今時点で305万人だそうです。
65歳以上人口の1割にのぼるとのこと。

当然、わが夫婦もこの年齢層に入ります。今は元気です。

認知症、この病が他の病気と異なるのは、「同病相哀れむ」ができ
ないこと。

自分が前立腺がんと診断されたとき、仲間の集まりで報告したら
「オレもオレも」と言われビックリ!
不謹慎ながら「オレだけじゃないんだ」と元気つけられました。
そして、先輩患者から病気のステージ、治療方法、ケアなど貴重な
意見をもらったのです。今でも役に立っていますよ。

ところが認知症は「お前もか オレもそうだと言えぬ仲」ですね。

できれば死ぬまで夫婦共々認知症グループには入門したくない。
平均健康年齢が過ぎ、平均寿命まで2桁年数を切ったわが身。

認知症になった場合に備えて今できることは何だろうかと自問自答
しています。

ウォーク後、朝食後に目まいが・・熱中症かな!
いずれもしても夏バテらしい。
写真:咲き誇る真夏の花Img_16451

2012年8月23日 (木)

竹島の不法占拠にこの理屈

 午後の衆議院の予算委員会の中継を見ました。

竹島、尖閣列島問題の集中審理の最中でした。

二つともいかに日本の固有の領土であるという認識では
議員、政府とも一致していました。当然ですよね。

では、相手はどうなんだと思い、情報を探したらこんなニュ
ースが入っていました。韓国中央日報の論評です。

今後、政府も難しい舵取りを迫られますね。

「今、学校教育で近現代の歴史教育がなされていない」と
の野党議員の質問に、野田総理は「必要だ」と答えていま
した。ついでに道徳心、宗教心もと・・。

かつての神国日本のようなモノでない教育が必要ですね。
日本人のアイデンティを確認するためにも・・
イジメやモンスターペアレントを無くすためにも・・
年間3万人の自殺者を無くすためにも・・

この歳になってあたふたと人生の終幕について考えている
シニアよりの提案です。

写真:早朝のカモたちImg_16431

2012年8月22日 (水)

今頃はあの世で嘆く孔子様

 竹島が何かとニュースを賑わしています。

誰が聞いても李明博大統領の発言は失礼極まりないですね。

儒教の国の盟主とはとても思えません。

竹島に上陸した李明博大統領が「韓国領」と刻んだ岩山に登
っているビデオが出てきます。

「猿山で落ち目のボスが岩登り」・・といったところでしょうか。

私は右翼でもないタダの市井人です。

1947年に小学校へ入学しました。
以来学徒だった16年間、一度も日朝、日韓関係を学んだことが
ありません。日本史の教科書に載っていても、多分学期中には
そこまで行かなかったと思います。
ましてや竹島など、地元の人しか知らなかったでしょう。

そして聞くのは、かの国の被虐史観ばかり・・・。

社会へ出てから、かなりこの関係の本を読みました。

イザベラ・バードの「朝鮮紀行」(日清戦争後の紀行)を読んでも
当時の朝鮮はまったく国の形をなしていません。
日本でなければ必然的に別の国の影響を受けざるを得なかった
のです。

韓国人の著書にもこの時の状況が見受けられます。

現在の考えで「当時を・・べきだった」と言うはおかしい。
当時の史観、世界情勢をバックに考えなければいけません。

日本でもきちんと学校教育で歴史を教えましょう。

韓国との往来は結構多かったんですが、不愉快な思いをしたこ
とはあまりありません。底辺の交流は盛んです。

それだけにお互いが向き合う歴史でギクシャクするのは残念です。

2012年8月21日 (火)

文学の講座に参加来る秋

この秋はB大学の公開講座に参加します。

題して「日本の近現代文学」、全6コマのコースです。

文学部関係の聴講は初めての体験です。
大学の文学部って、どんな教育をしているのか興味が
あります。

価値を貨幣で表すのが経済、ならば文学は人間社会の
何を表すか・・、その一端と時代背景を知りたい。

開講前に有島武郎の『或る女』を読むことが参加の条件
です。

やっと、同書の前編を読み終わりました。
文庫本で560頁、まだ半分にも届かず。

延々と「葉子」の心理描写が続きます。
有島武郎の心理描写はスバラシイ!

女性の心理ってこんなに複雑だったとは!

2012年8月20日 (月)

婚活の条件と似るジジライフ

いまどき モテる男は「4低」のネット記事が載っていました。

“かつては「高学歴、高収入、高身長」だった。”

“ところが大震災を境にガラリと変わった。平穏、平均的な年
収、平凡な容姿の「3平」が人気化。結婚するならフツーの人
というわけだ。そして今度は「4低」だという。低姿勢、低依存、
低リスク、低燃費
の4つだ。”とか・・。

“オリックス生命保険が実施した「節約生活とプチ贅沢に関す
る実態調査」によれば、今、モテる男は「4低」だという。”

“低姿勢は「女性に威張らない」、
  低依存は「家事を女性に頼らない」、
  低リスクは「リストラされない」、
  そして4つ目の低燃費は節約できる男」。
給与アップが見込めない時代、女子から好感度が高いのは
節約男子”らしい。」”

さて、上記の引用記事中の男、男子をジジイに、女性、女子
を女房に読み替えれば
そっくり当今のジジイライフに当て
はまりませんか?

「リストラされない」は「三行半をもらわない」としましょう。
でも「男おひとりさま」になった時は役に立ちそうなことばかり。

まさに結婚は不自由の始まりか、身のためか、お考えあれ!

2012年8月19日 (日)

本業も家でもナイスショット打ち

 テレビではスポーツ中継が花盛りですね。

甲子園では地元の高校が敗退、興味も一歩後退
女子プロゴルフはまたまた韓国選手でした。
竹島の恨みをテレビにぶつけるわけにもいかず・・。

ゴルフのシニア大会では高見和宏選手が優勝しました。
52歳、3人によるプレーオフを制しての優勝です。

テレビでは高見選手の家族を写していました。

若い奥さん、それにお孫さんでなく娘さんだった女の子。
羨ましいって! とんでもない。 元気で結構です。

50代なんてまだまだ発展途上です。
ゴルフも子づくりもナイスショットでしたね。

シニアに元気をこれから~も与えて下さい。

写真:秋の七草、桔梗です。Img_16401

2012年8月18日 (土)

雷鳴も祝砲となる誕生日

  今日は私の誕生日です。

ただ今、17時ちょっと前、すさまじい雷鳴が頭上で鳴り響
いています。きっとお祝いの号砲です。

カミさんの誕生日は2週間前、ささやかな祝いはカミさんの
誕生日に一緒に済ませたので今日はノープランです。

「いいえ昨日はありません。今日を打つのは今日の時計」
                       (詩人 三好達治)
過去を振り返ることはあまりないわが夫婦です。

まあ何とか平穏に日常が過ぎて行ってます。

カミさんも元気。
子どもたちは独立。可愛い孫が1人。
今年は癌の手術をしましたが、今のところ回復は予定どうり。

「今を大事に、先にささやかな夢をもつ」 

これが今の気持です。

今朝もカミさんと歩きました。
写真は公園の池のハスの花です。Img_16241

2012年8月17日 (金)

何のためここにいるかと腹で問う

  「歯ブラシの使い方がイマイチですね」

1ヵ月ぶりの歯科医院、口を開け診察が始まるや先生の
ご指摘が始まりました。いつものことです。

毎食後に歯ブラシを使い、通院前は念入りに歯の清掃を
してくる自分には「またか・・」の思いです。

「だから、ここへいるんじゃないの!」と腹で答える。

数年前、先生はこうおっしゃった。
「歯の細部までご自分でお掃除するのは大変だから定期
的に検診とお掃除にいらっしゃい」

そして、1ヵ月毎に通院することを約束させられたのです。

診察料は何か検査らしいことをしてお掃除料金の2.3倍を
支払いました。

患者のためと善意に考えても、経営上のつましい努力が
ミエミエ!

固定客を大事にしないと倒産しますよ。

写真:近くの池の鴨一家、小鴨たちも大きくなりました。Img_16231

2012年8月16日 (木)

老い猫を抱いてウタタネ蝉しぐれ

 暑かったですねえ、きょうも・・。

午前中に娘と孫は帰りました。
荷物いっぱい、車に積み込み、カミさんも孫を抱いました。

滞在中の孫は、ママとババにピッタリ、ジジがお愛想をして
も「イヤイヤ」と首を振るばかり。

それでも別れ際では握手してバイバイと手を振っていました。

一挙に襲って来たこの静寂!
風が抜ける自室でお昼寝です。クーラーは使いません。
同居の婆ちゃん猫がご同床です。。
降る様な蝉しぐれ、こうして暑い日も過ぎて行きました。

ようやく体が暑さに慣れたようです。
長時間、空調の効いた部屋で過ごすとだるくなりますね。

写真:今朝は5時半から1.5時間歩きました。
     広大な遊水地の水辺にはカモとサギが集まって
    いました。Img_16321

2012年8月15日 (水)

伴侶逝く友の不幸に声もなし

 首都圏在住の同郷の友人からの訃報メールでした。

それは・・
彼の奥さんが急逝し親近者で葬儀も済ませたとのこと。

こういった不幸の場合、かける言葉がありませんね。
取りあえず、お悔やみを伝えました。

彼とは50年以上のお付き合い、グループ40人の中で抜群の
行動力と面倒見の良さを自他ともに認める男、これも奥さん
の力があったこそと思います。

彼はかつて「俺は120歳まで生きる」と語っています。
ぜひ奥さんの分も含め長寿を達成してほしいと思います。

「迫り来る 明日はわが身か 残り人」

「願わくば 先にオサラバ 妻残し」

他人事ではありません。覚悟は未だ・・・です。


2012年8月14日 (火)

五輪見て国旗国歌に思うこと

  ロンドンオリンピックは終わりました。

華やかな祭典の最中に、国会は消費税値上法案を可決し
ました。議員定数の削減や社会保障の先送りで増税先行
の堕落国会でした。

総選挙も近い、総選挙でこのリベンジを果たしましょう。

さて、ある週刊誌に作家の渡辺淳一氏が「国旗と国歌」と
題して小文を寄せています。
“「さわやか日の丸」に対して「君が代」は正直いって、あま
り素晴らしいとは、とはいいかねる”

“その証拠に、この国歌を大きく口を開けて、明るく歌って
いる日本人はほとんどいない”

“天皇が統治する時代など、とうに第二次世界大戦で終わ
ったはず、・・冒頭の「君が代」だけは、なるべく早く変える
べきだと思うけど”

私も賛成票を一票です。
斉唱時、立ち上がっても大きな声で歌う気にはなりません。
主権在民なら当然だと思いますが・・

さらにもう一つ五輪関係・・
「素直さが足りませんねえお隣さん」

五輪男子サッカー3位決定戦、竹島を掲げた韓国選手問題
についての記事・・

ネットではいろいろな意見が飛び交っていますね。
直情型の国民を抱える彼の国の為政者に同情します。

2012年8月13日 (月)

安くても舞台変われば不便なり

  夕方、カミさんと娘(もちろん孫も一緒)がコストコへ行くから
付き合えといいます。

気が向きませんでしたが同行しました。
この倉庫店へは2回目です。

1900年代後半、アメリカではコストコような新しい業態(会員制
ホールセールクラブなど)の勃興期、何度か視察に行きました。

視察結果は仕事に活用させましたが、それはあくまでこの業態
が日本に進出した場合のケーススタディでした。
いわば進出する企業側の論理だったのです。

ところが、単なる高齢者の買物客としては・・
商品の販売単位量が大きい。
売場と駐車場の距離が長い。
大きいカートで店内を回るには体力が要る。
客が多く落ちつかない。
POP表示が明確でない。
などなど・・

食料を少量ずつ当座買いしている高齢者にとって、今日は苦痛
以外の何モノでもなかったのです。

それが分かっているだけに行きたくなかった!

できれば日本でも高齢者に優しい店がほしい。

あまり歩き回らない。
休めるベンチなり休憩所がほしい。
必要な量だけ購入できるようなパッケージ
などなど

それにしても疲れました。



2012年8月12日 (日)

それぞれに生活模様描きつつ

 娘の1家は近くの動物園内のプールへお出かけ。

ジジババの日中は静かなものです。

3世代の生活のサイクルはそれぞれ違いがありますね。

まず、現役子育て世代は行動力が抜群、幼児を抱えて
どこへでも車で出かけます。
われわれの若かりし頃もそうだったけど・・。

大きな違いは夫の家庭への協力度が雲泥の差ですね。
仕事、仕事で家庭を顧みなかったわが現役時代との差
を実感します。

食べ物の好みにも違いが・・、それに大酒も飲まない。

すべてお金で処理かと思えば、昼食、入場券代などガッ
チリ節約、メリハリをきかせています。

収入もそれぞれ2ヵ所からというのも、裕福に見えます。

こんな家庭環境、社会環境で孫はどんな大人になるか
興味がありますが、残念ながら私に残された時間は少
ない。

写真:ババが握ったオニギリをプールサイトで孫が食べ
    います。1208


2012年8月11日 (土)

孫もって至福感じる老いの夏

 都下に住む娘1家3人がわが家に帰省しました。

孫娘は来月で2歳、可愛い盛りです。

いつもは私が孫に会うのは孫の体調が良くない時だけ。
孫を保育園に預けている共働きの娘夫婦には、緊急の
場合には親の支援が必要なんです。

ムズかる時は、まず孫はジジのところへは来ません。
私の顔を見れば泣き出します。

きょうは体調も良さそう!
すぐにジジにも慣れ、ご機嫌よく飛びついてきました。
しばらく相手をしていたら私の胸で眠ってしまった。

孫のこの感覚!至福の時、言葉も出ません。
命がつながっていることを実感します。

このところ出生数は100万人を少し越えるところですね。
反面、死亡数は120万人以上が続くようです。

急激な少子高齢化、それに伴うさまざまな軋轢。
この子らが成人になって社会を動かす時は、日本はどん
な社会になっているのでしょうか?

子ども達の将来、幸せを願っています。

 

2012年8月10日 (金)

この夜は涼しさ暑さがごっちゃ混ぜ

 ここ数日は涼しく夜もよく寝られましたね。

昨夜から今朝にかけても同様に涼しい気温でした。

でも、私にとって涼しさと暑さが混ぜこぜした夜でした。

涼しさに困ったのは・・
夜間にトイレへ行く回数がまた増えました。

前立腺手術直後ほどではないけど、きっと涼しさによるもの
でしょう。

暑い夜は汗が出ますから、当然トイレ回数が減ります。

術後の経過を判断するには、気温による変動要因を差し引
いて考えねば・・。

暑かったのは、五輪での日本選手の活躍でした。

レスリング、女子サッカー、女子バレーボールなど、賞賛、
落胆込み込みのテレビ観戦でした。。

加えて、同居(私は介護しているつもりですが)している21歳
のオバアちゃんネコがテレビの歓声が上がる度にベッドへ
飛び乗って来る、トイレへ行く度について来る。煩わしいネ。

こうして一夜が明けました。
さて、このネムケ、熱中症にならないためにどう処置するか!

写真:夜明けの月見草は鮮やかでした。Img_1627

2012年8月 9日 (木)

思い切り女性に政治任せたら

  今未明、テレビをつけたら五輪女子レスリング63kg級の
決勝直前でした。

伊調 馨の強さに圧倒され眠気も吹き飛びました。

それにしても五輪での日本の女子選手の活躍はスゴイ。

学校の同期だった政治評論家T君は、わが国の勝利はチ
ーム力によるものだと述べています。
そして、彼は政治の世界と比較して日本の今の政治は、チ
ーム力の欠如だと、スポーツと政治の落差を嘆いています。

確かに与党はもとより野党もバラバラ、口では国民のため
と言いながら国会運営は目を覆うばかりの惨状ですね。

<「将来」を「うち」に読み替え茶番劇>

<近いうちにぜひ 永久(とわ)に来たためしなし>

いっそのこと、元気な女性たちに政治を任せたらどうでしょう
か、総理大臣は女性に、少なくとも議員、大臣の半数以上も
女性ですね。

元気な女性に政治を託す!・・いいね、この夢を実現したい。

2012年8月 8日 (水)

ミスならば誰の責任ネット記事

 仙台市内の私立高校でいじめがあり、学校側が被害者に
退学を迫ったとメディアは伝えています。

学校名は私立高校とだけで特定されていません。
でもネットでは学校名の特定が進んでいるようです。

仮に学校名に特定ミスがあったら、特定された学校や関係
者は計り知れない痛手を受けます。
誰が責任をとるのでしょうか?

それなら最初から学校名を公表してしまった方が良いと思
いますが・・・。

評論家によれは・・
隠蔽体質は公立学校より私立学校の方が強いそうです。

生徒・学童の募集などで私立の方が世間への体面や評価
を気にするから。私立の基本は学校経営にあるからです。

ならば、学校経営者に教育の基本が何であるかを確認して
もらうためにも、一時的に経営が傾いても再チャレンジして
もらう。甘えは学校経営者にも許されません。

写真:この花、秋の七草の1つ女郎花かな?Img_16161

2012年8月 7日 (火)

何してる五輪でかすむ永田町

  今未明の五輪女子サッカー、日本対フランスの試合には
引き込まれましたね。ず~と、テレビの前に釘付けでした。

オリンピックの華やかな報道に隠れて、政治の世界は相変
わらず地味でわかりにくい世界ですね。

“問責、不信任、解散と血走る目に国民の姿は映らず。国
の制御ができぬ政治家ら”(朝日新聞・素粒子)

党利党略や自分のことばかりで国の制御どころかじゃない
らしい。いずれにしても来年には選挙がある。

それまでは各党で話し合って一体化改革の社会保障部分
を議論して詰めればいいのにね。

今朝、孫が発熱したとかで、カミさん娘宅で出かけていきま
した。娘夫婦は共働きで、こんな時は頼りにされる。

留守を仰せつかった私、ノンビリしようと思いましたが、家事
も結構忙しく落ち着かない日でした。

写真:朝顔が咲いていました。Img_16211

2012年8月 6日 (月)

夏バテの夢は山野を駆けめぐる

  きょうはにわか雨があったり荒れ模様のお天気です。
そのせいか、少し涼しく感じます。

またぞろ、旅への誘いを感じています。

暑くてゴロゴロしている時、寝苦しくて寝付けない夜など
枕元に積んだ旅行本を見ながら、旅のイメージトレーニ
ングに励んでいます。

術後3ヵ月で、時間に追われる団体行動は自信がありま
せん。気ままな風来坊旅なら数日間の旅はストレス解消
にはもってこいでしょう。

足腰は毎日の鍛錬で充分、前立腺全摘による排尿機能
の回復次第です。

いらいらと怒りっぽくなっているのが自分でもわかります。

この中旬には孫(写真)が来るし、8月はどこへ行っても
人が多い。

出かけるのは9月の初旬になりそうです。120715

2012年8月 5日 (日)

サギ一羽わが身に見とれ逃げもせず

  早朝には家の近くの水路には時々サギが飛来します。

今朝も時間をおいて1羽ずつ2羽が見られました。

この鳥は孤高でたいてい1羽で行動し、人間が近づくと
舞い上がって逃げます。

今朝は5m近くまで寄っても逃げませんでした。
こんなことは珍しい!

きっと流れに写った自分の姿に見とれていたのかも・・。
(写真)

暑くなる前のさわやかなひと時でした。

近所の人の話では、昨夜はテンが出没したそうです。
それにアライグマの情報も・・。
他に蛇や食用蛙もいて自然豊かな所です。Img_16181

2012年8月 4日 (土)

長い日は なでしこゴールでキックオフ

 早寝早起きシフトで、昨夜は22時には寝てしまいました。

ところが・・
目が覚めたのは、なでしこジャパンが先取点を取った数分後。
多分、深夜の1時半頃でしょう。

そのまま試合終了までテレビを観続けてしまった。
体力と高さとパワーのブラジル相手に、ハラハラドキドキの試
合展開、とても眠れませんよね。

後半は大野のキックで加点、多少落ち着きました。

さて、試合が終わっても寝付かれませんでした。
本を読んだり、テレビを観たりでベッドの上で悶々・・。

4時半、思い切って起床、ストレッチして5時過ぎには散歩へ・・。
今朝はカミさんも一緒、彼女も隣の部屋で同じだったようです。
彼女の希望で散歩の前半はいつもとは別のコースを選択。

散歩の時間やコースが変わると行き会う人たちも変わります。
やはり眠れないオジサンたち多いんですね。同情します!

鷺がいて、咲いている花までも違うような気がします。
(写真:今朝初めて見た花です)

こうしてなが~い1日が始まりました。Img_16131

2012年8月 3日 (金)

見直すよ五輪シフトに大疲れ

  ロンドンオリンピックのテレビ生中継に合わせて昼夜逆転
の生活を試みました。いわゆる私の五輪シフトです。

ここまで来て、見直すことにしました。

その理由は・・
夜通し起きていることは苦痛だからです。
例えば、サッカーなら根をつめて90分間画面を見続けていら
れません。ついウトウトとまどろんでしまう。
柔道なら興味のない外国人どうしの試合をカットしたいけどで
きない・・などなど、アイドルタイムが多すぎます。

起きていた分、翌日の昼間に熟睡できるかといえばできない。

いっそ、早寝早起きをして早朝からダイジェスト版で見た方が
時間的にも有効です。

そんなわけで、22時就寝、5時起床のお休みシフトに戻しました。
日本の昼間はロンドンでは深夜です。どこのチャンネルでも録
画のオリンピック番組ばかり。それで充分です。


2012年8月 2日 (木)

乗らずともお足出て行く車かな

 車の修理工場から車検完了の電話がありました。

夕方、暑さ残る中を15分歩いて受け取りに。

車の受領後はそのまま車で理髪店、スーパーへ行き
しばし冷房の効いた車内や室内で過ごしました。

いつもなら、歩くか自転車で動く範囲です。
この暑さで快適さの誘惑に負けそうになります。

たま~にしか乗らないのに車の維持費用はしっかりと
かかります。

それにても車検費用、税金、保険など車の諸費用は
大きい。

次回の車検までに考えてみよう。

テレビで見るロンドンの空にマンマルお月様が出てい
ました。

今日は暦を見ると旧暦6月15日、満月です。
ロンドンでは21時でも白夜で明るいはずです。

もっと夜が更けないとお月様も目立ちませんね。

2012年8月 1日 (水)

溜めていたストレス吐き出す夏の朝

 いよいよ8月ですね。暑さ真っ盛り!

朝の散歩、農家の野菜販売所に寄りました。
いつもは無人ですが、この日は農家の奥さんがいて「ドロボウ
がいる」とボヤいていました。、タマタマこの朝見つけたらしい。

お金を払わないで野菜だけ持って行ってしまうオッサンがいた
そうです。話を聞くと、どうも常習らしい。

考えてみれば、無人店舗なんて世界常識では日本だけ、商い
の最初からこの手のリスクは織り込んでおかなきゃネ!

気持ちは分かるけど同情はしないよ。
これに「最近のオッサンは悪い!」とオッサン全部を悪人呼ば
りしないでもらいたいネ。

夕方、借りた本を返しに図書館へ行きました。
日頃は数人しかいない閲覧者、今日は多いですね。
見たところ幅広い年齢層、家庭の節電対策か、それとも居場
所がないか。

クーラーが効いていて快適!
「涼しさや 昔打ち水 今役所」

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本