2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« つかの間の冷風受ける箱の中 | トップページ | それぞれの思いを込めたナシ贈る »

2012年8月31日 (金)

まず削れ歳費と政党交付金

 赤字国債を発行する特例公債法案が今国会の会期末までに
成立しない見通しですね。

そのために財務相は各省庁への予算の執行を抑制する方針だ
そうです。

借金(国債)による収入が止まりキャッシュ不足になるわけです。

メディアは各省庁の電気代、出張費など予算額の半分以下しか
使わせないとか、地方交付税、国立大学法人や独立行政法人
への運営費交付金、私学助成金を半額にすると伝えています。

それぞれの方面に大きな影響は出るでしょう。

元を質せば、政治の混迷にあります。
永田町のセンセイ方の自作自演劇による結果でしょう。
国のキャッシュフローをご存知なかったんですから・・。

ならば、まず支払いを削るべきはセンセイ方の歳費、文書交通
費など、それに政党交付金です。

企業は手持ちの現預金が詰まれば経営者の報酬カット、次いで
経費削減です。経営者は金繰りに走り回るんですよ。

こんなこともわからず、国会を開店休業とは許せません。
走り回るのは選挙区でなく法案を通すことなんです。

今日で8月も終わります。
残暑が厳しいですね。
明日からは電気代が値上になります。
庶民の家計には厳しい秋が迫っていますね。

« つかの間の冷風受ける箱の中 | トップページ | それぞれの思いを込めたナシ贈る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まず削れ歳費と政党交付金:

« つかの間の冷風受ける箱の中 | トップページ | それぞれの思いを込めたナシ贈る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本