2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 十三の宗派から入る仏教史 | トップページ | いつの間にこの業界も不況入り »

2012年9月21日 (金)

息止めて診察室のドア開け

 前立腺がん全摘手術後半年が経過しました。

きょうは、まず採血と採尿、その後に医師の診察です。

覚悟しているとはいえ、診察室に入る時は一瞬緊張します。

つい1時間前に採った血液、尿の分析結果が医師の前の
端末から打ち出されていました。

「数値は低いですね」
「しばらく心配なさそうです」

決して「治った」とはおっしゃいません。

どこかの本に載っていました。
「成人病を治す専門医はいない」・・と。
病気を含めたわが人生、しばらく生きられそう!

ただし排尿機能に多少問題がありそう。
次回はこの機能検査が行われる予定です。

« 十三の宗派から入る仏教史 | トップページ | いつの間にこの業界も不況入り »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息止めて診察室のドア開け:

« 十三の宗派から入る仏教史 | トップページ | いつの間にこの業界も不況入り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本