2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「義仲の寝覚の山か月かなし」芭蕉 | トップページ | ワンマンは老若男女で峠越え »

2012年9月 5日 (水)

つわ者の生きた街並いま歩く

一乗谷朝倉遺跡に来ています。
たびたび訪れている福井もここは未訪問でした。

朝倉氏103年の生活の跡を見ながら往時に想いを馳
せています。

写真は復元された16世紀の街並です。Img_16891

JR越美北線一乗谷駅は田んぼの真ん中、遺跡群は
2km先、駅近くの資料館からシャトルバスで武家屋敷
へ。帰路は遺跡を見学しながら歩きました。

「不便さも静けさ保つ思いやり」
この日は34~5度になる真夏日、いやはや暑かった!

« 「義仲の寝覚の山か月かなし」芭蕉 | トップページ | ワンマンは老若男女で峠越え »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つわ者の生きた街並いま歩く:

« 「義仲の寝覚の山か月かなし」芭蕉 | トップページ | ワンマンは老若男女で峠越え »

無料ブログはココログ

お気に入りの本