2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« つわ者の生きた街並いま歩く | トップページ | まざまざと元気しるしを実感し »

2012年9月 6日 (木)

ワンマンは老若男女で峠越え

  行き先気ままな旅、富山を6時に出て糸魚川から
大糸線で南小谷を目指しました。

概観はカラフルなワンマン気動車、乗客は旅をする
中高年が1/3、残りは旅姿の若者たちでした。
通勤、通学客はゼロ、オフシーズンはきっとガラガラ
でしょうね。(写真下)

Img_16961

今年は大糸線全通55周年とか、姫川沿いに険峻な
山あいをワンマンカーは上って行きます。
列車は姫川を何度か渡るたびに首が左右に動く。
信州育ちの私にもこんな切り立った山々を身近で見
るの珍しいのです。

南小谷から栂池高原まで塩の道を歩こう思っていま
したが、雨続きで止め、松本行きに乗り換えました。

次の無人の千国駅で雨が止んだようすで下車。
下車して2~3分で猛烈な雨、まさに集中豪雨でした。
次の列車は2.5時間待ち、どうするか考えて40分。

雨が小降りに、思い切って雨天対策装備で出発です。
(写真下:しなびた千国の集落)Img_17021

千国番所跡、牛方宿、百体観音を経て1時間40分後
には栂池高原バス停に到着。

次回は晴れた日に白馬三山を眺めながら歩きたいで
すね。

« つわ者の生きた街並いま歩く | トップページ | まざまざと元気しるしを実感し »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンマンは老若男女で峠越え:

« つわ者の生きた街並いま歩く | トップページ | まざまざと元気しるしを実感し »

無料ブログはココログ

お気に入りの本