2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 眠られぬ出かける前のこの気持ち | トップページ | つわ者の生きた街並いま歩く »

2012年9月 4日 (火)

「義仲の寝覚の山か月かなし」芭蕉

思い立って倶利伽羅峠を歩いています。
雨の中を石動駅(富山県)から次の津幡市(石川県)の竹
橋集落まで歩き、そこから津幡駅までバスを利用します。
駅前の案内所で熊除けの鈴を確認されました。

写真下は石動宿跡と北陸道です。人影はまったくなし。
いずれの写真もクリックで拡大します。Img_16551

ご存知ここは、源平の古戦場跡、木曾義仲が平家の大軍
を破った倶利伽羅合戦の古戦場です。

義仲軍と平家軍が矢合わせしたという矢立(写真下)を過ぎると、
平家の総大将、平維盛が本陣をおいた猿ケ馬場(絵図写真の
「現在地」)に着きました。途中で蛇(蝮か)を踏みました。

Img_16681

Img_16772

倶利伽羅不動寺からは下り、延々と古道を歩きます。(写真)
途中、道を間違え大きく迂回、バス停で動き始めたバスを止め
て乗り込みました。このバスに乗らなきゃ2時間半待ちなんです。
こうして何とか20キロを踏破しました。Img_16821

« 眠られぬ出かける前のこの気持ち | トップページ | つわ者の生きた街並いま歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「義仲の寝覚の山か月かなし」芭蕉:

« 眠られぬ出かける前のこの気持ち | トップページ | つわ者の生きた街並いま歩く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本