2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 息止めて診察室のドア開け | トップページ | 島でなく土俵でぶつかる国と国 »

2012年9月22日 (土)

いつの間にこの業界も不況入り

  宅配された朝刊を持って出かけました。

電車内、待ち時間などに読むためです。

そこそこ立っている人もいる電車、新聞を読んでいるのは
私1人、何かをしている人、スマフォか携帯電話を操作して
いる人が多い。文庫本が2~3人。
昨日の病院待合室も同じでした。(但し携帯などはダメ)

かつては巨人が優勝した時は報知新聞が車内に溢れてい
たものだが・・。

娘宅(2人)も新聞をとっていないそうです。

・・・ということは
新聞は大分、発行部数を減らしていますね。
少子化で人口も、広告量も減って先行き暗くなっている。
書かれていないけどこの世界も不況業界入りですね。

どんな活路を見出そうとしているか?
各社、電子版のPRが盛んです。

今後、紙版はどうなるのでしょうか?
製紙業界も死活問題でしょうね。

« 息止めて診察室のドア開け | トップページ | 島でなく土俵でぶつかる国と国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にこの業界も不況入り:

« 息止めて診察室のドア開け | トップページ | 島でなく土俵でぶつかる国と国 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本