2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ご長寿は長さと質の両秤 | トップページ | きょうからはこの歳だよとチョキを出し »

2012年9月16日 (日)

暴れ者国の教えのなれの果て

 わが国による尖閣諸島の国有化で中国で暴動が起きています。

本当に中国は大国なんでしょうか?
・愛国教育が盛んでも近隣関係の歴史を学校できちんと教えない。
・法と秩序が混沌としている。
・情報がスピーディかつ的確に流されない。
・国民が政治に参加できない。(選挙がない)
・国民にグローバル経済が理解されていない
・・・・・その他諸々・・・・・・

そんな国民を育てたのは中国の教育そのものです。

中国の今までの自業自得の結果がこの暴動を招いたのです。

まず、ちゃんと乱暴者を捕まえ、損害を弁償すべきだ。

彼の国にある外国資本による工場も輸出や雇用の面で中国経済
に大きく貢献しているはず。暴れて壊して困るのは中国もだよ。

論語(陽貨篇)より・・
「子曰性相近也。習相遠也」
(人は生まれつきには差はないが、生まれた後の習慣や教育によ
って違いができる)

« ご長寿は長さと質の両秤 | トップページ | きょうからはこの歳だよとチョキを出し »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴れ者国の教えのなれの果て:

« ご長寿は長さと質の両秤 | トップページ | きょうからはこの歳だよとチョキを出し »

無料ブログはココログ

お気に入りの本