2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 恥ずかしげ雲の切れ目の雪化粧 | トップページ | お互いに思わく違う接種受け »

2012年10月30日 (火)

「頻尿の月の明かりも物悲し」(高岡市 野尻徹治)

 タイトルの句は29日朝日俳壇、金子兜太選に載った句。

今夜は十六夜、東の上空に月が輝いています。
昨夜の満月の輝きに合わせた選句だったのでしょう。

春の手術以後、私は頻尿を治療中です。
28日、29日のウォーキング旅行でも同行者にご迷惑を
かけたかな・・と反省しきり。

昨日の日中の私は・・
「頻尿にもみじ輝き物悲し」・・でもなりますか。

わが家の厠は北西向き、深夜の月はムリ、明朝まで厠
でのお月見はお預けです。

早朝のトイレで窓を開け、有明の月を眺めながら用をた
しましょう。

クサいブログにご容赦!
でも、これも人生のうち、ご理解を・・。

写真は信州・塩の道の紅葉です。(29日撮影)Img_18021

« 恥ずかしげ雲の切れ目の雪化粧 | トップページ | お互いに思わく違う接種受け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「頻尿の月の明かりも物悲し」(高岡市 野尻徹治):

« 恥ずかしげ雲の切れ目の雪化粧 | トップページ | お互いに思わく違う接種受け »

無料ブログはココログ

お気に入りの本