2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« その日から三十三年お隣さん | トップページ | 有明や母の命日告げる月 »

2012年11月28日 (水)

バーバーでオツムデフレを実感し

  理髪屋でカットだけにしてしばらく経ちました。

髭剃りをしてもらっても、翌日には自分で剃らねばならない。
多少、剃り残しがあっても気にしなければイイんです。

カットだけで1000円ですから、2000円近い節約になります。
理髪業界は最も値下げの波が大きかった思われます。

ところが、更に100円安い、900円カットの店を見つけました。

さっそく利用してみると・・
行きつけの1000円店と概ねシステムは同じでした。

ただ、この店はバリカンでなくハサミを使いました。

行きつけ店は無言でバリカンのうなりと共に数分で刈るの
に比べて、ハサミで丁寧に刈り、それに会話も弾みました。

聞けば、数店のチェーン店とか・・で
胸を張って「900円床屋は日本で初めて」だと言います。

価格が下がっても、一人の客の利用数が増えるワケもなし、
結局、他店の客を奪うことになります。

年々オツムの毛が減るのが、オツムのデフレなら、サービス
料金の低減はホントのデフレです。
オツムデフレの実態が身に沁みた数十分でした。

2%をインフレ目標とする・・と、某政党のトップが言っていま
すが、これではデフレの波は止まらない、それどころか元に
戻すのも大変ですね。

でも利用者には便利ですよ。

« その日から三十三年お隣さん | トップページ | 有明や母の命日告げる月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーバーでオツムデフレを実感し:

« その日から三十三年お隣さん | トップページ | 有明や母の命日告げる月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本