2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« メーカーは故障ソフトを付けて売り | トップページ | いっぱしにコーディネイトで得意顔 »

2012年11月 3日 (土)

毎朝の無人店舗に歴史あり

 1887年(明治11)に来日して大森貝塚を発掘した
E・S・モース著「日本その日その日2」(平凡社東洋文庫)
を間もなく読み終わります。

以下、一節を引用します。
北海道を調査し東京へ戻る途中、東北地方での記録。

「・・非常に渇きを覚えたので、これ等の小舎の一つで立
止まり、瓜を買い求めようと思ったが、店番をする者もい
ないし、また近所に人も見えぬので、(日本人の同行者)
に聞いたら、彼は店番は朝、瓜とお釣を入れた箱をそこ
に置いた儘、田に仕事に行って了ったのだと説明した。
私はこれが我国(米国)だったら、瓜や釣銭のことはいう
迄もなし、この壊れそうな小舎が、どれ程の間こわされず
に立っているだろうかと、疑わざるを得なかった。」

下図はモースのスケッチです。(同書より)

121103_3

今朝も散歩で野菜の無人店舗前を通りました。

確かに米国には自動販売機など街頭にありません。
ましてや無人店舗など・・論外です。

日本よいとこ、誇れる小さな日本文化ですね。

« メーカーは故障ソフトを付けて売り | トップページ | いっぱしにコーディネイトで得意顔 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎朝の無人店舗に歴史あり:

« メーカーは故障ソフトを付けて売り | トップページ | いっぱしにコーディネイトで得意顔 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本