2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 葬儀ごとなじみの顔が消えていく | トップページ | にしひがし陰と陽とのこの落差 »

2012年11月 6日 (火)

往来で転げてワメく小中華

 井沢元彦「やっかいな隣人 韓国の正体」の読後感です。

タイトルはちょっと過激的かなあ~、と思ったけど、
正直・・読後感を問われれば、「あれ買ってエ~」と道端で
転げて泣き喚く幼児のような国だと思います。

数は少ないけど、個人的に私が知っている韓国人の方々
はみんな親切な紳士的です。
どうして集団、国、政治となると反日なんでしょうか?

一回だけ、ソウルで面と向かって「日本人は嫌い」と言われ、
腹が立ち続けていましたが、この本を読んで納得しました。

要するに、日本人にあって彼の国にない一例・・
「相手の気持ちを考えてあいまいに言うこと」が通じない国
なんですね。それに自己中心主義は強烈! 燃えると周
りのことが見えなくなってしまう。

かつて私も、日本は朝鮮を植民地化して一方的に搾取した
という、韓国の理屈も一理あるかと思っていました。

しかし、どうやらそれは私の間違った見方のようです。
様々な資料を見ると、李朝末期の朝鮮は国の体をなして
いなかった。・・いうのが本当です。

明らかに教育、医療、交通、ハングルの普及などのインフ
ラ整備は、併合後に日本が行ったものです。
それなら、なぜ日帝から解放後に、日本が搾取するために
敷いた鉄道を彼の国では撤去しなかったんですか?

自国の血で血を洗った歴史にも、先祖の恥の歴史にも真
摯に向き合って下さい。歴史の事実は変えられません。

駄々っ子よ、まともな大人に育ってネ!
そんな思いです。

« 葬儀ごとなじみの顔が消えていく | トップページ | にしひがし陰と陽とのこの落差 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往来で転げてワメく小中華:

« 葬儀ごとなじみの顔が消えていく | トップページ | にしひがし陰と陽とのこの落差 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本