2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 一コマを歩いて減らす宴のあと | トップページ | 賀状減る二倍に増えた喪中です »

2012年12月 4日 (火)

この人が重力制して200キロ

 某新聞社と公益財団法人が主催したシンポジウム
「スポーツを読む」を聴きに行きました。

基調講演を「スポーツを書くということ」と題して作家の
沢木耕太郎氏が話されました。
内容はスポーツ記者の取材や記事表現についての日米
の違いなどでした。そう、かなり違いますね。

後半はパネル討論で「スポーツにおける文字の力」の題
でパネリストとして三宅宏実さんが参加しました。

モデレーターはこの新聞社電子版スポーツ編集長でした。

彼女は、ロンドン五輪女子重量挙げ48級銀メダルリスト
です。小柄で身長150cmくらい、発言は言葉使いも丁寧
ではっきり、論点もしっかり掴んでいました。

お父さんの指導がきちんと行き渡っているようです。

パネル討論の内容については、私は門外漢、一部を除
いて記憶に残っていません。

「それとなくペーパーレスが見え隠れ」
どうやら電子版新聞の拡販が隠れた目的だったようです。

« 一コマを歩いて減らす宴のあと | トップページ | 賀状減る二倍に増えた喪中です »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この人が重力制して200キロ:

« 一コマを歩いて減らす宴のあと | トップページ | 賀状減る二倍に増えた喪中です »

無料ブログはココログ

お気に入りの本