2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

世の流れ変わらぬものが百年余

 あと数時間で新しい年を迎えます。
それぞれの歴史に1年を加えることになります。

「ある家族と村の近代」(木村千恵子著、日本経済評論社版)を
読み終わりました。(「お気に入りの本」参照)

文政四年(1821)、下総国豊田郡本豊田村(現 常総市)の自作
農に生まれた稲葉庄右衛門から、平成に生きる6代目にあたる
筆者の代までの約180余年におよぶドキュメンタリーです。

11代将軍徳川家斉の時代から明治維新、日清、日露の戦役、
大正デモクラシィ、大恐慌、太平洋戦争などを経て平成の今日
まで、時代に翻弄される農村の家族と村を描いています。

昨年は私の父の生誕100年、記憶にある父母や祖父母の思出
話と比べて多少の地域差はあっても、似たような歴史だったと
思います。ただ信州は山間地、耕地が狭く貧乏だったけど・・。

さて、概ね平穏だった幕末までは別として・・
維新後から平成の今まで変わらないものを見つけました。

それは官僚による中央集権体制だということ。
軍隊はなくなったけど官僚組織は戦後も存続しました。
すべて全国一律、中央の役所がコントロールする構図は基本的
には変わっていませんね。地方分権も進んでいません。

この結果は功罪とも国民が背負い込むことになります。

これだけグローバル化された今、これからの日本はどうなるか?
真剣に考え、政治への監視をしっかりとしなければいけません。

後世を担う若者が投票を棄権するなど論外です。
お上にお任せした結果がどうなったか、歴史が証明しています。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。















2012年12月30日 (日)

新手帳まず通院をしるしけり

 新年に向けて、今朝から神棚の清掃、飾りつけをしました。
天井近くの棚の上には、米、塩が散乱、飼い猫のモモの
イタズラでしょう。

サカキ、お神酒、米、塩などを添え、最後に新しい注連縄を
かけると、日頃、信心などない自分も多少は厳粛な気分に。

次は、カレンダーの架け替え、新旧手帳の引き継ぎです。

1月の予定の記入は、三が日明けから始まる予約診療から、
ついで2回の新年会と続き、空白も大分残りました。
旧手帳の大事なメモを転記して引き継ぎ完了です。

まあ、空白はおいおい埋めていきましょう。
今から「来年の是は慮念すべからず」ですから。

毎日曜の老猫(ローラ、♀推定21才)の診察日、
雨天のため、車で動物病院へ。

さすが年末、大型、小型のワンちゃんたち、それに猫など
で溢れ、普段は閑散とした動物病院もワンワン、キャン
キャン、加えてわが家のローラの鳴き声でにぎやかでした。

生きとし生けるもの
すべてに平穏な年末年始であってほしいですね。


2012年12月29日 (土)

ひび割れを埋めて一息年を越す

  2011年3月11日の東日本大震災とその後の地震で
家の外壁の一部に亀裂ができました。

外壁用のボンドとへらを使って亀裂に埋め込みました。
約2.5時間の作業、これで雨水の染込みが防げればいいけど。

夕方にまた地震、さらに傷口が広がりませんように・・。

母校の同窓会から会報を送ってきました。

同窓会は旧校舎を同窓会館として使っています。
私らの時は本館校舎でした。
その中に「池田満寿夫ギャラリー」が今年7月にオープン。

池田満寿夫は版画家であり、「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞を
受賞した作家であり、また書道、陶芸にも造詣が深かった
芸術家です。彼は私らより7期上のOBです。

長野へいらしたらぜひお寄り下さい。
無料で一般公開しています。
開館時間は月曜~土曜日の14.00~17.00とのこと。
詳細、お問合せは上記ウェブサイトをクリックして下さい。


2012年12月28日 (金)

万両や来し方想う昼寝かな

 年内の医者通いは今日の歯科をもってお終い、
来年は正月明けから、通院が待っています。

「女房のご指示で動く老いの暮れ」

年末年始用品の買出しへ。カミさんのお供で歩いて・・。
次いで、自分用の酒類を買出しへ。これは自転車で・・。

ちょこちょこ動くと疲れますね。

それで午後はチョイの間の昼寝。

横になりながらこの1年を振り返ってみました。

まあ、一言でいえば・・
1月早々に、前立腺がんの告知を受け、
以来、検査、手術、術後の対応に追われた1年だった。

当初は、多少、落ち込んだけど・・。
これも人生、避けられない四苦八苦の1つだと割り切り、
「大病が心の窓を開けてくれ」(佐保蘭)の気持に・・。
一番の力はカミさんの支えと、幼友達の励ましでした。

今は「勢いの小便小僧にくらしや」の心境。

旅も楽しみました。毎日、歩いて足腰を鍛え、
6月、芭蕉の逆コースで山形県の庄内、最上地方を歩き
   羽黒山に登り、最上川を船で下った。

9月、越中、加賀の国境「倶利伽羅峠」越え、一乗谷の
   朝倉館跡、糸魚川、塩の道(長野県)など訪ね歩いた。

10月、再度、塩の道に挑戦、紅葉の白馬山麓を歩いた。

「旅はよしここの地酒にここの唄」(森 紫苑荘)

病の苦しさが半分、旅の楽しさが半分、
まあまあの1年間でしたね。

「暮れてゆく如き往生したいもの」(須崎豆秋)

2012年12月27日 (木)

押し迫りシャコバサボテンご挨拶

 今日は旧暦11月15日、満月ですね。
澄んだ東の空にまん丸の月が輝いています。

この日に合わせたように窓辺のシャコバサボテンが
咲きました。

昨年より1ヵ月ほど遅咲きです。
例年に比べ花の数が少ないようです。

大事に育てています。Img_19391

2012年12月26日 (水)

それぞれの想いを乗せた年が行く

 一応、賀状の作成と投函が終わりました。

同県に住む同級生から「賀状にかえて」・・と、
現況を知らせる手紙が届きました。
凄まじい闘病生活です。
50年来の友が病む・・辛い知らせです。

2010年 8月、食道がんの診断あり。
  同年11月、咽頭がん見つかる。
2011年 8月、胃上部にがん見つかる。
2012年 3月、リンパ腺にがん見つかる。
それぞれ手術や検査を受ける。

この2年数ヶ月間、今日まで・・

都合8回の入院、内視鏡による治療、抗がん剤治療
放射線治療など受ける。

来年1月には9回目の入院予定(3週間)とか・・。
「抗がん剤治療はこれにてお終いにしてほしい」と
訴えています。

何とか彼に平穏な日々が戻ってほしいと思います。
「病気も人生の一部」にしては余りに過酷です。

私も正月早々には再診が待っています。
気持ちは整理したつもりですが・・、
いざその場でどうなるかはわかりません。




2012年12月25日 (火)

懐かしやナイアガラでの向こう見ず

 今朝は寒かったですね。氷点下だったでしょうね。

一冬に数回、水道管が凍結します。
今年の2月には管が破裂して大量の水が溢れました。

昨夜は、水道栓を少し開けて少量の水を流しっ放しにしてお
きました。当地では寒冷地と違って不凍栓がないんです。

この効果のせいかどうか、凍結しませんでした。

年末整理をしていたカミさん・・
「こんな写真があったわよ」・・と、1枚の写真を差し出しました。

思わずドッキリ!
見れば、外人美女と1つの樽に入ってナイアガラの滝つぼに
落ちる寸前の写真です。もちろん合成写真です。ひと安心!
撮影日付は1978年6月1日、樽に「NIAGARA DAREDEVIL
(ナイアガラ 向こう見ず)」も表示、頭部を少しカット)

Niagara

2012年12月24日 (月)

帰ろうよ親につぶやく孫の声

 クリスマスをわが家で過ごした娘一家が帰りました。

カミさんの話によると・・
2歳になる孫娘、「おうちに帰ろうよ」に親に言ったそうです。

多分、両親のどちらかが、「さあ、今日はおうちに帰るよ」
・・と、小さい子に言ったのでしょう。
それとも、幼児が祖父母に気を使ってくれたのかな?

よく笑い、しゃべり、(テレビやDVDを)観て、食べ、泣いた
3日間でした。賑やかでした。
今朝は、プレゼントされた声の出す絵本を眺めていました。
こうして、わすか数日の3世代同居の生活は終わりました。

また、JJBBだけの生活に戻りました。

「静けさや闇に溶け入る妻の声」

2012年12月23日 (日)

朴 槿惠は善徳女王の末裔か

   男尊女卑の韓国で次期大統領が女性だと話題になって
いますね。

朝鮮半島の歴史を見ると、立派な女帝が出ていますね。

豊田有恒著「本当は怖い韓国の歴史」(祥伝社版)によると・・
7世紀の新羅の時代、善徳女王(ソンドンミヨワン)という女帝
がいました。
韓国ドラマ「善徳女王」から事大主義を割り引いても女王の
評価は以下のように高いと述べています。

“女王は百済との戦いを有利に導いた。
 唐との外交に力を注いだ。
 二代後に、唐との連合軍が、日本・百済の枢軸軍を破る布
 石 になった。”

“善徳女王の冶世は、太宗武烈王、文武王による統一新羅へ
 の道を開いた。”

新羅は、朴、昔、金という天降三姓から、まわりもちで王を出す
という変則的な制度をとった。」・・とありますから、もしかしたら
朴次期大統領は、その末裔かも・・?

さて、次の朴 槿惠時代はどんな治政下になるのでしょうか?
中国と組むか? それとも米国と組むか?
組んだ相手国と何をするのか?
朝鮮半島統一の布石を5年で打てるか?
日本はどうなる?

興味深いですね。

この7世紀の日本は、女帝の時代で推古天皇、皇極天皇など
女帝が輩出しています。

現代日本でも、女性を首相にしてみたらどうでしょうか?
頭の固いオッサン総理より、余程マシな政治をするかもね!
お隣さんに先を越されました。

2012年12月22日 (土)

ご無沙汰のお詫びを込めて宛名書き

 年賀状を作り始めました。

複合プリンターの不具合で黒色が印刷できず、思案して
ウラ面は何とか印刷しました。

メーカーに修理の問い合わせしたら、当該機番は製造中止
で部品がなく修理不可能とのこと。

結局、オモテの宛名は手書きにしました。

年賀状をEメールなどに切り替えたり、思い切って義理を欠
いたりで、年々、作成枚数は減っています。

お一人お一人の顔を思い出しながら宛名を書くのも、気持
ちのいいものだと思いました。

そういえば、Aさんは昨年、奥さんを亡くしたんだ。
またBさんは確か今年大病をしたはず、快復したかな?
・・などなど・・

年々歳々人同じからず、でも私の中で皆さんは最後に会った
ままの姿で止まっています。

ホントに手書きも悪くないな!

2012年12月21日 (金)

孫はしゃぐネコも楽しむ冬至の夜

 勤め人は明日から三連休、保育園児の孫娘も同じ。

わが家でクリスマスイブを迎えるべく今夜、娘一家が来宅。
年末年始は一家で海外旅行で日本脱出とか・・。

時計は23時を回っているのに、孫がはしゃいでいます。
普段は寝ている老猫のローラも一緒です。

今日はわが老夫婦、半日、病院での検査で過ごす。
外は曇天で雨模様、そして寒い。
16時を過ぎたらもう暗くなってきた。冬至ですものね。

そんな陰気臭い雰囲気へ、突然チビちゃんが・・
家の中が一気に明るくなりました。Img_19181

2012年12月20日 (木)

なに騒ぐ君の終末近いのに

 マヤ暦の終末日が2012年12月21日、そう明日だそうですね。

この騒ぎ・・
中国などでは政府が取り締まる事態になっているとか・・。
非常食や避難用カプセルなど、地球が滅びるのに意味はなし。

人類は滅びなくても、それぞれの各人は必ず滅びます。
個人の終末には地球上の誰であろうと例外はありません。

地球の滅亡より自分の死が先、あなたの終末までの時間は
天体に動きに比べれば、ほんの一瞬先、目の前です。

今を平穏に充実して過ごすことが大切だと思います。
自分の死=自分の滅亡を考えましょう。

いずれ、地球は滅亡するかも・・
でも、はるか数億年先でしょう。

メキシコではこの終末論に便乗してひと稼ぎしようとする
観光業者も出てきたそうです。
このくらいの太っ腹でないといけません。




2012年12月19日 (水)

新知事を俎上にのせるクラス会

  今夜は、ふるさと信州の学校で同級生だった仲間のうち首都圏
在住者が集まって忘年会を行いました。5名の参加です。

首都圏組や故郷の動静、物故者の追悼、健康問題、そして今回の
選挙や政治談義などで3時間は瞬く間に過ぎました。

話は東京都の知事選挙に及びました。
われわれは猪瀬新知事と同窓です。彼は6年後輩です。

故郷に詳しい今夜の仲間も、あまり猪瀬知事の情報を持っていませ
んでした。目立たない生徒だったらしいですね。

今夜の話としては・・
「出世した同窓生は、在籍当時は目立たなかったのではないか」とい
  うことになったのです。
「脳ある鷹はしっかりと爪を磨いていた」ことになります。
彼には磨いた爪を都民のために役立ててと願うばかりです。

久しぶりの東京、往路は築地から新橋へ、帰路は新橋から三越前
まで歩きました。
華やかな銀座通り、急ぎ足の人々、やはり年の瀬は慌しいですね。

写真は工事が進む歌舞伎座です。Img_19161

2012年12月18日 (火)

それとなく網戸洗いにかかる圧

  年々歳々、年の瀬はうっとうしい。
特に大掃除には腰が重くなります。
でも、逃げ出せない。

そのうちの1つ、網戸を洗いました。
全部で30枚近く、暖かい日だったのが幸いでした。

気が弱いせいか、カミさんが家の内外の掃除を始
めると、自分は無言の圧力を感じるのです。

どうやら無事済みました。

2012年12月17日 (月)

老い猫やジイ一人看る冬の夜

 飼い猫のローラ(♀・推定21才)は、昼間は1階のコタツの中、
夜は2階の私の布団にもぐりこみます。

今夜半の0時半頃から3時頃まで、歩きがふらつく、彷徨、吐く、
漏らすなどの症状が、4時過ぎには再度、同じ症状が発生。

ペットとはいえ、20年来のお付き合い、放っておくわけにもいか
ず必死に看ました。隣室のカミさんを起こさないようにして・・。

今朝は眠気に逆らいながらカミさんと動物病院へ。
何とか小康を保っています。

人間もペットも長生きする時代です。
猫は人間の7倍の速度で歳を重ねるとか・・。お互いに老老の
身になります。

「最後まで面倒をみる覚悟がなければペットなど飼わないこと」

結婚した娘が置いていった猫の面倒を見ながら、こんなボヤキ
も出た夜でした。







2012年12月16日 (日)

あるのかなガラクタ市にお宝が

 投票に行ってきました。

結構、投票所が込み合っていたので投票率が上がって
いるのかな・・と思ったらそうでもないらしい。は

「帯はダメたすきもダメで困り果て」・・が今日の心境です。

違憲の疑いありの選挙ですね。
誰が当選しても・・
「呼びません身を切れぬ者先生と」

それでも投票をした上で
九牛の一毛ながら意見を言い続けましょう。

2012年12月15日 (土)

趣味読書昔新刊今図書館(オタッキー)

  主に本の処分だった第1次の身辺処理が完了したので、
本はなるべく図書館を利用することにしています。
余程のことがないと再読しないからです。

それで公共図書館に常時10冊の本を予約しています。
図書館のホームページでは順番待ちの人数が表示されます。

やはり話題本は人数が多いですね。
例えば「蜩ノ記(葉室 麟著)」は402人、「天地明察(沖方 丁著)
は52人待ちです。

ところが、最近は人気本は別にしても、10人以下の待ち人数
がなかなか減らないんです。

多分、2週間の期限を延長(人気本は延長不可)しているか、
期限が過ぎても返却しないのでしょう。
貸出停止は期限後60日経過した場合に適用ですから・・。

自慢じゃないけど、当方は1回もルール違反なし!
見えない借り出し者にイライラしているこの頃です。

2012年12月14日 (金)

頂で周りの山は低く見え

 B大学のオープンユニバーシティ「日本の近現代文学」
ー有島武郎、『或る女』、そのヒロインの末裔たちー 全5回
が今日、すべて終わりました。

冒頭で、戦中戦後の生活に触れた時・・
講師の女性教授が「この中で一番の高齢は私だ」・・と。

前以て調べた講師の年齢は、私と比べても明らかに下。
高い山の頂に立つと、周りの高い山々が低く見えます。
この先生、シニアグループに入ると、これと同じ現象にな
る見たいですね。それとも参加者に対するヨイショかな。
私は逆に相手が自分より年配だと思っちゃうけど・・

さて、全5回で自分の知的欲求を満足させられたか?
答えは「No」です。

私の知りたかったことは・・
「なぜ有島武郎は心中しなければならなかったか?」
近代になって、なぜ作家が自殺するようになったのか?
その具体例を有島武郎の小説を通して求めたのです。

自分自身の過去2回の事故、そして今年の癌の告知、
肉体の賞味期限切れがもう目の前です。

「死」に対する恐怖は経験からありません。
「死」に至るまでの哲学を知りたかったのです。
・・答えは自分で探すしかないようです。

全5回の間、講師から一回も名前で呼ばれなかった。
様々な人生を経た参加者たち、皆さんの想いをセミナー
につなげて欲しかった。議論、討論が足りませんね。

私もかつて、某大学大学院でゼミを持ちました。
社会人学生たちで議論百出、口角泡を飛ばすゼミでした。
期待していたのですが残念です。

「冬枯れや淡き陽照らす校舎かな」Img_19131

2012年12月13日 (木)

メガストアGDPを押し下げる

  移転した工場跡地に開店したホームセンターと食品スーパー
へカミさんと出かけました。

店は平屋1棟建て、向かって右にホームセンター、飲食コーナー
を挟み左側に食品スーパーが並ぶメガストア(巨大店舗)です。Img_19121

見るだけのつもりが、特売商品を数点買ってしまいました。
例えば通常300円以上の加工食品が198円などは安かった。

これらの商品はいつも近所の店で購入している商品です。
そうなら、このメガストアで買った分だけ近所の店の売上げが
減っていますね。
いつもの店から見れば固定客が奪われたわけです。

マクロ的には、新店が出来て一時的に需要が増えても、日本
全体では売上げが増えるわけではありません。逆に安く売った
差額だけ全体で減ります。

まさに、流通業界も客の奪い合い、弱肉強食の時代です。
消費者にとっては所得が増えないこの時節、願ってもないこと
ですが、これも結局は消費者の所得の減少につながっています。

長い目でみればGDP(国内総生産)を押し上げるのはメガストア
の新築投資だけでしょう。波及効果が国民生活に及ぶ範囲が
小さいのです。国の公共投資が景気を押し上げない所以です。

昼食を挟んで3時間、行程はすべて徒歩、荷物の多い帰路は
大変でした。広すぎる店は目的買いに徹しないと疲れます。

2012年12月12日 (水)

いつの間についでが主になる作業

 「今日は昨日撮った写真をプリントして仲間に送ろう」・・と
いつものカメラチェーン店にネットで送る準備を始めました。

ファイルを開いたら、まず目に飛び込んできたのは孫の写真
「そうだ、この2ヵ月孫の写真をプリントしていない。ついでに
プリントしよう」・・と孫画像の選定をしてネットで送りました。

しばらくして店から、「プリントできました」のメール。

店は自転車で10分弱、歩いて20分強、運動がてら歩こうと
寒さ対策を万全にして出かけました。

歩き始めて数分、「待てよ、何か忘れてる!何だっけ?」
・・頭の中で写真の作業を時系列に検証してみると・・
「そうだ、昨日のプリントをするんだった。どうしようか?」
・・と自問自答、結局、帰宅して追加作業をするハメに・・。

追加分(目的物)のプリントメールまで昼寝ができたのです。

あれもこれもと複数の作業を並行して進めることが困難に
なっているんですね。
ついでが夢中になると本来の目的を忘れてしまう。

「ちょっと待てオレは何しにここへ来た」

写真:早朝に目が覚めると部屋に暖房を入れます。
    さっそくネコが2匹、暖かい部屋でテレビを観ています。Img_19041

2012年12月11日 (火)

思い出す人の顔つき若いまま

 今日未明に、本ブログのアクセス数が10万を超え
ました。ご訪問いただいた皆様には厚く御礼申し上
げます。

さて、今日は良い天気でした。
抜けるような青空、そして東京スカイツリーの雄姿・・。

元勤務先の仲間3人での忘年会をしました。
昼食を兼ねての懇親会です。
場所は東京・浅草、うなぎ料理の老舗「小柳」でした。
東京スカイツリーの足元、東京ソラマチを見学してから
歩いて言問橋を渡り浅草寺に参詣してから「小柳へ」。

1人は50年近い前、入社試験で私の面接をした当時の
人事部長で、当年八十数歳でお元気です。
もう1人は入社同期生です。

さすが往年の人事管理者、元社員の動向は詳しい。
若い女性の多かった職場です。思い出すのは当時の
顔立ちです。様々な青春がありました。
現場は2年ほど、私は異動で転勤、残念ながら若い
女性たちとは縁がきれました・・。モテなかったんです。

順調に歳を重ねている人、家族で苦労している人、
連れ合いに先立たれた人、そして亡くなった人たち。

存命の皆さんは今、どんな顔になっているのでしょうか。

写真上:すみだ水族館側から見上げた東京スカイツリー
同  下:浅草寺本堂から仲見世方面を望む
               写真はクリックで拡大します。Img_19061

Img_19081

2012年12月10日 (月)

あれやこれ治しと直しが混在す

 今年も残り3週間、だいぶ押し詰まってきました。

高速道路トンネルの天井板崩落事故は日頃の保守
管理(メンテナンス)の大切さを教えてくれました。

わが家も身体も物もメンテナンスを求めています。

まず身体です。これは新規購入は不可能、治しですね。
カミさんは健診結果の数値で要検査となり、今日検査の
申込みに病院へ送っていきました。

検査は20日過ぎ、検査結果は正月松の内です。

私は先日の診察、検査、投薬で・・
三が日が明けると検査により次の治療が始まります。

車のナビ、ラジオが故障、娘の物だったイタ車のため
販売代理店でしか修理できず、直しは年明けに。
「家電、車、時計は国産に限る」・・を実感します。

玄関ドアのスプリングが効かなくなり、開閉が不具合。
これは年越し。

病院から帰宅したら、外からかけた鍵が開かなった。
二重鍵の一つなので、しばらくは一つでガマン。

去年3月11日の地震で一部の壁にヒビは入ったまま。
耐震上の診断と修復は年を越してから。

今朝、パソコン稼働中に突然、画面が真っ黒になり強
制終了、その後何度立ち上げても数分で同じ状態に。
これは近くの修理屋に持ち込んで即、直してもらった。

そうそう、複合プリンターも黒が発色しない。
メーカーに聞いたら、メンテナンス期間が過ぎたので
直さないという。年賀状の季節なのにショックです。

ホントにいろいろあり、まさに複合故障ですね。
次は何だろうか・・。




2012年12月 9日 (日)

この世界折れたら最後あの世行き

  某サークルが主催した「ビギナーズ競馬セミナー」に
参加して、初めてJRAの中山競馬場へ行きました。

JRの駅から地下道を歩くこと15分、巨大な競馬場のゴ
ンドラ指定席へ。ここからは競馬場が一望できます。
ここで競馬レクチャーを受けました。

競馬の仕組み、サラブレッドの知識、競馬新聞の見方
馬券の種類、馬券の購入方法などです。

パドック見学、各自が馬券を購入してみるなど・・。
私も複勝と馬連を買いましたが2勝3敗でした。

最後はバックヤードツアーでした。

数十年前に府中競馬場の裏方を見学しましたが
システム化は格段の進歩をしていますね。

あまりお金をかけないで1日過ごせますね。
日曜日でもあり、結構家族連れも多かったようです。
結構、楽しめますね。いい経験をしました。

写真は午後のレースで、後ろのゼッケン9番の馬が転倒し
た場面です。馬は前足を曲げたまま立ち上がれませ
んでした。後で聞いたら骨折で、結局処分されるとか。
最後尾も騎手が落馬して馬だけがゴールインしました。
(写真をクリックすると拡大します)Img_18901_3

2012年12月 8日 (土)

ボンド君少し元気を分けてくれ

 007シリーズの23作目、「007スカイフォール」を観ました。

ジェームス・ボンド役のダニエル・クレイグは3回目のボンド
役とか・・。
テレビで彼の前2作を観たので、今度は劇場へ足を運んだ
のです。こうしたアクション映画は、やはり大画面が迫力が
あります。

不死身の男が活躍するスパイ映画ですが、今度はいわば
身内で起こった話・・、複雑な現実の世界情勢から特定の
国を諜報先として登場させるのを避けたのかもネ・・。

英国が主舞台、トルコと中国の上海が出てきます。
上海も数年前とはすっかり変わりましたね。

ボンド君の元気、万分の一でもいいから分けてほしいね。

ボンドの上司、M役のジュディ・デンチは明日で78歳、
このおばさん、なかなか迫力がありますね。
しかし次回作から出演しないよ。

なぜって?
それは映画を観ればわかります。

2012年12月 7日 (金)

前の人一年前のわが身なり

 術後8ヵ月、今日は術後の経過検査日でした。

検査は予定通り短時間で終了。
検査結果に基づく診察が、予約してあったにも関わらず
2時間待ち、いらいらしながら診察室前で待っていると・・。

壁越しに医師と患者の対話が聞こえてきます。
この質疑応答がなかなか終わらないんです。

患者の問いに答える医師の声です。
「○○治療は始めると手術が出来ないんです」

「思い切って、手術で患部を取ってしまった方が良いと
思いますよ。」

「年末年始ですので手術の出来る日は・・」
などなど・・

一年前、告知を受けた直後の診察室での私と同じ状態
のようです。

終わったのか、診察室から中年のご夫婦が出てきました。
気落ちしたのか、お二人とも心なしかうなだれて・・。

やはり私の場合も夫婦で告知を受けたのです。

もし癌の告知でしたら、お気の毒様です。
手術を受けるなら気持ちをしっかり持ってがんばって
下さいね。早いご回復をお祈りします。

写真:病院近くの公園(上)と防災センター(下)です。
防災センターでは足場を組んでの高所訓練中でした。
17時18頃、三陸沖を震源とする大きな地震がありま
したね。最近は地震が多く怖いこの頃ですね。Img_18831

Img_18851

2012年12月 6日 (木)

命令が足の下からカミの声

 ハクレンとヒマラヤ杉の剪定をしました。

ハクレンの剪定を言い出したのがカミさん。
ヒマラヤ杉のそれは私自身です。

脚立に乗り、「さて、どこを切ろうか!」・・と鋏を出す、
「違う違う、その右、そこの枝よ!根元から切って」

下から次々と指示が飛んできます。

逆らっても仕方ない、言われた通りに切りました。

自分勝手にやって、後から文句を言われても
原状への回復は不可能だからね。

高さ4mのヒマラヤ杉、こちらは自分勝手に剪定。
でも、この高さ、長い剪定鋏を持ってハシゴを登る
時は恐怖を感じます。

いつもテッペンに避雷針のような枝が残ります。
「ササエさん」のお父さん、波平さんの頭髪みたい。

見てくれは悪いけど「枝も残れば命も残る」

夕方、両腕が痛くなった原因の3時間でした。

2012年12月 5日 (水)

賀状減る二倍に増えた喪中です

 そろそろ年賀状のデザインや挨拶文など・・と
考えていたら、また喪中ハガキが届きました。

今年、昨年の倍以上の喪中ハガキをいただきました。
多少、訃報を多めに見て年賀状を購入しましたが
見込みがズレたようです。

ハガキの数だけの人生があり、そして間違いなく
人生の幕が下りたんですね。

直接、お会いした方々とは懐かしさが偲ばれる・・。

皆さん、どんな人生を歩まれたのでしょうか?

もう少し、宛先印刷を待とうと思います。

2012年12月 4日 (火)

この人が重力制して200キロ

 某新聞社と公益財団法人が主催したシンポジウム
「スポーツを読む」を聴きに行きました。

基調講演を「スポーツを書くということ」と題して作家の
沢木耕太郎氏が話されました。
内容はスポーツ記者の取材や記事表現についての日米
の違いなどでした。そう、かなり違いますね。

後半はパネル討論で「スポーツにおける文字の力」の題
でパネリストとして三宅宏実さんが参加しました。

モデレーターはこの新聞社電子版スポーツ編集長でした。

彼女は、ロンドン五輪女子重量挙げ48級銀メダルリスト
です。小柄で身長150cmくらい、発言は言葉使いも丁寧
ではっきり、論点もしっかり掴んでいました。

お父さんの指導がきちんと行き渡っているようです。

パネル討論の内容については、私は門外漢、一部を除
いて記憶に残っていません。

「それとなくペーパーレスが見え隠れ」
どうやら電子版新聞の拡販が隠れた目的だったようです。

2012年12月 3日 (月)

一コマを歩いて減らす宴のあと

  4人でのミニ忘年会のこの日、自宅から会場まで45分歩いて
出向きました。昼食会ですからお昼時です。

昨夜の今年最初の忘年会、食べたり飲んだりして分が体に吸
収されている頃です。
このカロリーをウォーキングで消化しようというモクロミです。

2時間ほど飲んで食べて、しゃべって、やはり歩いて帰宅。
多少、歩いた道順は違うけど、歩行時間は同じ45分でした。
帰路のウォーキングは今日の摂取カロリー対策です。

ウォーキング時間は往復90分、ちょうど体育実技の1コマです。

90分歩行の消費カロリーは約350キロカロリーくらいかな。
たいしたことないけど、往復とも寒いけど清々しい気分でした。

2012年12月 2日 (日)

隧道に霹靂ひびく闇の中

 中央道の笹子トンネルで天井板が落下した崩落事
故で多数の死傷者がでたとメディアが伝えています。

現場に居合わせた当事者の立場で見ると、恐ろしか
ったでしょう。お見舞い申し上げます。

数年前、私も車に同乗して、衝突事故に遭遇・・
衝突寸前、「あっぶつかる、これでオレの終わりか!」
ドカ~ン、救助され、気が薄れていく・・。
あの恐怖感が甦ります。

不況にも関わらず、新規の公共事業が目白押し!
作った分は、当然にメンテナンスが発生します。

メンテナンス予算もしっかり組んでほしいですね。

夕方から地域サークルの忘年会、15名参加
今年最初の忘年会です。

酔った勢いで余計な事を言ったかも・・
言ったことは戻せない、後顧に憂いを残して今日
も暮れました。

2012年12月 1日 (土)

展示物名義貸しなり孫の作

 
 娘から、孫娘が通う保育園の作品展に誘われました。

ゼロ歳児から入学前までの保育園児の作品がクラス別
に展示されていました。

孫娘は2歳2ヵ月、彼女の名前で紙の工作物、絵、手形
などが年月順にきちんと整理され、展示されていました。

この年頃の幼児が、こんなに出来るわけがなし・・
保育士さんたちの支えがあってこそ、いや殆どが先生方
のお力をいただいた結果です。ご苦労が偲ばれます。

まあ園児は単なる名義貸しかも・・、
また、それを承知の上で保護者たちは出かけていく。

このご時勢、社会で子ども達を支えていただけなければ
育てられない状態かも・・。

会わなかったこの1ヵ月、孫の成長はすごい!
皆様のお陰です。

写真:自分の作品を見る孫娘です。Img_18751



« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本