2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

インフラが骨粗しょう症だったとは

 中央高速道路、笹子トンネルの天井板崩落事故以来、全国
のトンネル、橋などインフラの点検・整備が問題になっています。

メンテナンスも考えずに、やたら新しいモノを作る。
メンテにあたる予算も人も少ないため、点検が手抜きになる。
設計図面も残っていない構造物も多いという・・。

こんなルーズさで公共投資が行われていたとは!
長期で計画を立て、きちんと維持管理をしていると思ったのに。

別の面から・・
役所の単年度主義にも問題はないか?
インフラの建設費はそのまま資産となり、何年経っても帳簿上
の価値は当初の額と変わらないのと聞きましたが・・。

償却資産なら年数を経るにしたがい、価値が下がります。
必要なメンテ工事をしなければ価値が上がりません。

民間のまともな会社なら、当たり前のことができていませんね。

2013年1月30日 (水)

出しました受けてないよと年賀状

  暖かかったけど風が強かった日。

車で、頼んでおいた産直品を受け取りに馴染みの会社へ。
30分余りの軽快なドライブでした。

商品の受け渡しや精算が終わって、訪問先のいつもの女性
社員さんと世間話・・今年は初めてです。
おや、なんか話が行き違う、オカシイ!

この女性、初めて私に年賀状を出したとのこと。
それも家族の写真を載せて・・。

ところがこの年賀状、私の家には届いていないんです。
年賀状に載せた写真で会話がもっと弾んだかも・・。

住所が間違えたなら発信元に戻りますよね。

郵便局で何かしらのミスがあった公算が大。

たかが年賀状で、礼儀も知らない人と思われたのは残念!
それが例え一時的なものだとしてもネ。

2013年1月29日 (火)

行き帰り歩いて消化新年会

  昨年、10年近くメンバーだったシニア親睦団体を
退会しました。

今日は、この団体の私が所属していたグループから
新年会(昼食会)の声がかかり、参加しました。

この団体も発足時は130名、25年度は60名弱とか・・。
全員70才以上じゃ・・ムリもないですね。

参加者は皆さん、お元気でした。
料理は美味しかった。
店名は「割烹 山ノ月」といいます。

お天気は良し、冬にしては暖かかったので、往路は遠
回りして7000歩、帰りは4500歩と歩いてス~イ スィ。

歩きは、行きは朝食の、帰りは割烹料理の消化に役立
ったようです。(写真はデザート)

Img_19771_2

2013年1月28日 (月)

涙金半日かけて取り返し

 早めに所得税の確定申告書を作成しました。

源泉徴収票などの書類が揃っていれば、パソコンで簡単に
作成できます。毎年そうしていたのですが・・。

ところが・・
今年は半日ほど時間がかかってしまった。

まず・・
前以て保存したはずの計算済データファイルが行方不明に・。
再度、自分のマシンで計算し直す。

次に・・
複合プリンターが故障中で、データをスティックに落とし家族
用の別のパソコンに接続したが、計算書が表示されない。
PDFソフトを最新のものに更新する。

やっと・・
申告書の印刷画面にたどり着いたけど、計算済申告書の画
面が表示されない。原因探しに時間を取られた。
やっと、ホップアップ設定を無効にして解決。

医療機関から領収書(大病の結果)の集計など、わずか数千
円の還付金に悪戦苦闘、まったく効率の悪い作業でした。

低所得層のわが家、小額ですがしっかりと所得税は取られて
います。無駄に使ってほしくないですね。

2013年1月27日 (日)

青空や蕾引き立つ冬日和

 風は冷たいけどよく晴れた日が続いています。

午前中と午後の2回、所用で歩いて出かけました。
健康のため歩きです。
自転車はカバーがかかったまま・・。

歩数は合計で11000歩でした。

帰宅して、ふっと見上げたわが家の2階。
いつの間にハクレンの蕾が膨らんでいました。

着々と季節は春に向かって進んでいます。Img_19751

2013年1月26日 (土)

お休みを笑みで補う孫の芸

 娘夫婦に孫娘が通う保育園のお遊戯会に招かれました。

娘一家は、1週間ほどお遊戯会の直前まで家族で海外旅
行に行っていました。

その間にも保育園では、今日に備えてお稽古をしていたの
でしょう。
孫の演技を見ると、明らかにお稽古不足です。

でも、孫は悠々と笑顔で出番を乗り切りました。

自己流で、時には他の子ども達に合わせながら・・・。
そう!その調子で元気で大きくなってネ。

孫に会うのは1ヵ月ぶり、家で会うなりいきなり飛びついて
きました。
祖父冥利に尽きた1日です。Img_19611

2013年1月25日 (金)

寒風に吹きしぼらるる鷺の首

 午後から冷たい風が吹き始めました。

典型的な冬型の気候です。
北国では雪が降り続いていることでしょう。

16時ちょっと前に散歩に出ました。
最近できた1周約1.5kmの遊水地を3周しました。

半周が強烈な向かい風、半周が追い風でした。
さすが、歩いている人も少ない。

数羽の鷺が長い首を折り曲げていました。
いつもいる鴨は皆無。

旧暦12月14日(明日が満月)の月が夕暮れの東
の空に浮かび、夕日が西に沈みかけています。

「○○や月は東に日は西に」・・の○○に季語を
いれればたちまち名句ができますね。Img_19581

2013年1月24日 (木)

聖職とサラーマンを使い分け

  地方公務員、2月1日から退職金が減額されるので1月末
付けでの退職届けが増えているそうです。

わが県でも、140人以上の届けがあったとか・・・。

特に、該当する公立学校の教職員に風当たりが強い。
学級担任も学期末を待たず退職することで非難されています。

わが県の知事も「常識がない」と新聞紙上で怒っていました。

さて、考えて見ましょう。
わが身が同じ立場だったら・・

やはり、同じ行動をとるでしょう。
この場合、サラリーマンとして自分の立場を優先させますね。

それに、今の時代、教師に「聖職意識」を求めてもダメです。
聖職者が日常的に体罰を生徒に与えますか?

敬われるべき聖職者に管理上の締め付けをしますか?

とうにそんな職業倫理なんて無くなっているんです。

政治は、もっと現実を見て制度設計をしなければいけません。
この場合、期末退職、またはそれに替わる制度を設計をすべ
きだったのです。
しかし、政治は自ら設計した瑕疵を認めないでしょう。

さて、制度を作った側、今回退職する人の双方、生徒の前で
どんな説明をするのでしょうか?


2013年1月23日 (水)

感染症予防に勝る治療なし

  ある調査機関によると、インフルエンザの予防接種を
受けた人の割合は28%、受けていない人のそれは66%と
伝えています。その他は6%。(調査総数 約7000人強)

接種を受けていない人が多いですね。

私もカミさんも、数年前にインフルエンザでダウン。
これに懲りて、毎年年末には必ず接種しています。
それにたまに会う幼い孫にうつしたら・・大変!

自分1人が感染してガマンしても、周囲にうつしてしまうと
一時的とは言え家庭や所属する社会に迷惑をかけます。

これこそ究極の自己責任の世界ですね。


2013年1月22日 (火)

さりとても地球号から逃げられず

  アルジェリアの人質事件で亡くなった方々を思うと
本当に痛ましいですね。

これだけグローバル化した社会では、自分やごく身近
な人にも起こりえることですね。

私の身内や友人の子息など、出張や滞在で海外へ
渡る人が増えています。

親の立場からは、子供の海外渡航はいつも心配!
今度の事件、遺族の悔しさは痛いほどわかります。

さりとて、グローバル化は必然の成り行き、外国へ出
て行く回数はますます多くなります。

事件、事故の処理の考え方や方法も各国で異なる。
これらのリスクを承知の上で行かざるを得ない。

宇宙船・地球号からは逃げだせないんですから・・・・。

今日は、地域の仲間との新年会でした。
昼間のホテルでの昼食会、上のような話など盛り沢山、
楽しい2時間半でした。

2013年1月21日 (月)

公でないならいいかご発言

ラジオを聴いていたら、ニュースで麻生副総理の発言が
飛び込んで来ました。以下@niftyニュースより転用します。

“麻生氏「さっさと死ねるように」”

“麻生副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、
高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思
っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわな
い。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思
うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と
述べた。麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない
面もあったと考える。当該部分については撤回する」とコメン
トを発表。”

私見は述べません。

あえてこの句を載せます。
「浜までは海女も蓑着る時雨かな」(滝瓢水)

この発言がどんな波紋を起こすか見たいと思います。

2013年1月20日 (日)

大寒の葉書出す手が震えけり

  さすが大寒の日、典型的な西高東低の気候でした。
青空の下、冷たい強風が吹き一段と寒さが身に沁みた日。

年賀状を出し忘れした方に寒中見舞の葉書を出しました。
手に持った葉書を冷たい風が震わせます。

でも、雪国育ちの私には・・
いくら寒くても雪が降らないこの地方は天国です。

メデアは元横綱大鵬の死去を大きく伝えています。
私は大鵬、王、張本、ジャック・ニクラウスなどと同じ年です。
彼らの活躍を見たり聞いたりしながら過ごした人生です。

昨年までは、少し年長の方々の訃報が多かった気がします
が、今年はご同輩の訃報が多くとなる予感が・・。

わが身の消費(賞味でなく)期限切れまでいくらもないかも・・

夜のNHKテレビ「老人漂流社会」を見ました。
一人になっても、少しでも長く自立した生活が送れるよう
心身共に鍛えておきたいと思います。

2013年1月19日 (土)

今のまま使わせないと品はずし

  私は髭剃りにはポピュラーな両刃ホルダーを使っています。

刃はフェザーの両刃ハイ・ステンレスです。

この替え刃の買い置きがなくなり、店に買いに行きましたが
2~3のドラッグストアやスーパーには置いてありませんでした。

数十種類の替刃が並んでいますが、すべて流行のカッセト型
ばかり・・。
髭剃りなんてごく単純な作業だと思うんです。
したがって道具なんて、ごく単純でいいんだけど。

やっと、少し離れたホームセンターで1種類だけ見つけました。

旅に持参する電気シェーバーを別にして、若い頃からのこの
習慣を変える気はありません。

手を変え品を変え新製品も買わせるのもいいけど、
クラシカルな物も残してほしいですね。





2013年1月18日 (金)

ご長寿の価値観運ぶ深夜便

 私が寝るのは夜11時前後です。

深夜、トイレに起きるとすぐに寝付けません。

この時間には読書、それにNHKラジオ深夜便を聴くこと
にしています。すると、いつの間に眠っています。

本は開いたまま、イヤホーンは耳に付けたまま・・。

今朝は、珍しく4時過ぎに目が開きました。

深夜便は・・〔明日へのことば〕の時間でした。
 『”働く”セカンドライフを作りだす』として
お話は東京大学特任教授の秋山弘子さんでした。

少し長くなりますが引用します。(詳しくはここをクリック)

“世界のどの国も経験したことのない超高齢社会が日本
に到来します。人口高齢化の影響は医療や福祉の領域
にとどまらず、経済・産業・文化の広い領域で相互に関
連する複雑な課題を提起しており、解決するためには社
会の高齢化に応じた新たな価値観の創造と社会システ
ムの抜本的見直しが必要です。”

今は、行政も研究機関も縦割りで総括的な長寿社会対
策ができていない。また見直しに女性の参加者が少ない
と述べています。

“(今は)約8割の人が70歳半ばまで一人暮らしができる
程度に元気ですが、それ以降自立度の低下が始まるこ
とがわかりました。この70歳半ば以降の人口が今後20
年で倍増することを考えると、今、私たちが急いで何を
しなければならないかは明白です。ひとつは、下降の始
まる年齢を2年でも3年でも先に延ばすこと、すなわち、
自立して生活できる期間、健康寿命の延長です。”

わが夫婦も・・
自分かカミさんか、いずれどちらかが1人残ります。
それなりの自立と覚悟が迫っています。

2013年1月17日 (木)

インフレはまずガソリンで幕が開き

 アベノミクスの円安政策で値上げが先行しています。

まず石油製品(ガソリン、灯油)は値上がりしています。
レギュラーガソリン(東京)が1ℓ150円になったとか・・。
また灯油もジリジリ価格が上がっています。

それに自賠責も4月から値上げされます。

これだけ車が普及し、生活に欠かせないモノになってい
るだけに、特に地方の方々には値上がりが痛いですね。

灯油もシーズン中ですから同様です。

日本は輸入大国、円安で他の物価も上がります。

問題は、これで景気がよくなるでしょうか?
輸出が増えて企業が儲かり、従業員の給料が増えるで
しょうか?
当然、値上がり先行、景気が後追いになります。

景気回復までどのくらい待てばよいのでしょうか?
待っている間に消費税も上がりますよ。

その結果・・
庶民の生活を圧迫、の借金ばかりが膨らむ結果になりま
せんか?

原発推進を推し進め、重大事故を招いた責任を取らない
政党や内閣、13兆円におよぶ景気対策が失敗しても責任
を取らないでしょうね。お手並み拝見総理殿。

2013年1月16日 (水)

しばらくは風雲告げる空もよう

  今日のメディアのランキング1位はANA787型機の
不時着騒ぎでした。(16日18時現在)

ANA、JALとも787型機の運行を見合わせるそうです。

787型機の導入は日本が最初で、米国でテスト飛行後に
導入した従来機と違い初期障害が出やすい・・とのこと。

それなら、なぜ航空機メーカーの技術者が日本に常駐し
ていないのでしょう。
不具合調査には航空会社と国交省管轄の調査委員だけ
でなくメーカーにも立ち会わせるべきでしょう。

さて、14日の大雪の後遺症の報道も多かった。
また大雪予報が出そうな気配だと伝えています。

雪に、飛行機に、日本の空は荒れ模様ですね。

30年以上、冬の出張には苦労が多かったけど、
今、雪が降れば外出せず、飛行機に乗る回数は大幅に
減りました。まあ傍観者の1人でしょう。

この手のリスクは否応もなく減ったわけです。

2013年1月15日 (火)

輝ける白き世界や小正月

  今日は快晴、昨日の雪で冬枯れの景色が一変し
白銀の世界となりました。

午前中は除雪、とりわけ屋根から滑り落ちた硬い雪塊
の片付けに追われました。玄関先やベランダが落ちた
雪の受け皿になったのです。

また、屋根の雪が隣家の庇を直撃し、リフォームしたば
かりの雨樋をへし曲げてしまったんです。

とりあえず、カミさんがお隣に謝っておきました。
春になったら当方で修理せねば・・と落ち込んでいます。

さて、今日は小正月ですね。
小豆を使う日とか・・、おはぎは数日前に食べたので
特別なことはしません。

今日は「女正月」ともいうそうです。
「芝居見に妻出してやる女正月」(志摩芳次郎)
この句は、今朝5時前の「NHKラジオ深夜便」で紹介
していました。

俳句歳時記によると・・
京都、大阪などでは、松の内は女性たちは多忙なため
に、15日から回礼を始めるので「女正月」というそうです。

2013年1月14日 (月)

雪掻きのねぎらはれつつ人通す(馬場移公子)

  昨夜半から降り続いていた雨が、昼前には雪に
なり10cm以上は積もったでしょう。

こんな日は家にこもっているしかないんです。
雪に弱い首都圏の交通網、帰宅困難になるのが目
に見えていますから・・。

どうやら雪は、夜になって降り止んだようです。

夕方、玄関先、門扉、前の道路の雪掻きをしました。

除雪をしておかないと雪で門扉が開かなくなります。
水分をタップリ含んだ雪、重いですね。

「ドスン!ドスン!」・・と屋根から滑り落ちる雪の音
が腹に響きます。雨樋が心配です。Img_19551

2013年1月13日 (日)

ハワイならオレも行きたいこの寒さ

 娘一家がハワイへ家族旅行に出かけました。

共働きですが、同時に休暇がとれてよかった。

孫娘は、帰国してすぐにお遊戯会とか・・。
ろくな練習もできないですぐ発表で大丈夫かな。

今日は暖かだったけど、連日の寒さ、
ハワイでなくても、暖かい南の島へ逃げ出したいネ。13011212image0124

2013年1月12日 (土)

知らなんだ天地明察歴史あり

 小説「天地明察」(冲方丁著、角川書店版)を読みました。

徳川幕府の天文方については高橋至時の名と、その跡に
立つ石碑を見た覚えしか私にはありませんでした。

この本の主人公は渋川晴海で、大和暦(貞享暦)採用の詔
が発布されるまでの彼の努力を小説化したのがこの本です。
その功で幕府の初代天文方に任命されました。

全国を測量して歩いた伊能忠敬しか知らなかったのに、
天測で行脚した渋川晴海がいたとは新鮮な驚きでした。

家綱の時代、保科正之、関孝和、水戸光圀、当時の老中な
ど様々な歴史上の人物が登場します。

彼が目的を達した要因を考えると・・
・算術の能力が高かったこと。
・良き先輩、権力者に恵まれたこと。
・よき友人関係が築かれていたこと。
・政治的な能力が高かったこと。
・敵を作らなかったこと。
・武治政治から文治政治への転換期だったこと。
・・・などなど・・・

彼のキャラクターに負うことが多いような気がしますし
更に、近世日本の人材の豊富さにも驚かされます。

 

2013年1月11日 (金)

鏡割り腹を満たして一万歩

 今日は鏡開き、わが家では鏡餅を雑煮でいただきました。

お汁粉やぜんざいは甘いので避けました。

お餅は腹持ちが良い、それについ食べ過ぎます。
体重も気になるし・・

それで食後はウォーキング、文字通り西高東低の冬型気候、
冷たい風が吹き抜け、向かい風ではつい身を屈めてしまう。

それでもガンバッテ1万歩以上歩きました。

でも、食べてから数時間後の今でもお腹は減っていません。

写真はウォーキングコースにある池です。
鴨の他に何人かの釣り人も・・、いかにも寒そう。
釣りが好きなんですね。それとも家に居場所がないのかな。Img_19531

2013年1月10日 (木)

体重は気温低下に反比例

 寒い日が続いていますね。

毎朝、体重と体脂肪率を、夜は1日の歩数を記録しています。

昨年12月から今までの体重のトレンドを見ると、明らかに気
温が下がるにつれ体重が増えてきています。

それもジリジリと・・。

寒さを理由に体を動かさない、歩かない、しかも食べる量が
変わらない。それに正月が重なった結果です。

そんな反省から・・
今日は用を作って2時間ほど歩きました。

写真は旧脇往還の祠前に立っている石碑です。
享保七年(1722)の建立で、時は徳川吉宗の時代、12月に
小石川養生所が設立さています。

「一歩ごと重さ感じるご老体」・・を実感。

明日も続けましょう。Img_19511

2013年1月 9日 (水)

腹いっぱいデフレを食べる至福どき

 午前中、車で出かける用があり、そのつもりでいたところ
急にカミさんが「私も行く」と言い出しました。

今日の予定が急にキャンセルになり時間が空いたとか・・。

車の中では、もっぱらの聞き役、これは仕方なし、ガマン。

昼には用も終わり、昼食をどうしようか?
「そうだ、途中に回転寿司があった。そこにしよう」・・と
入ったのがここ
昼食時でもあり、店内はお客さんで満員でした。

今どき珍しい全品1皿が90円(税抜き)、税込みで94円。
税抜き価格は実質的に89.5円になりますね。

6皿でお腹がイッパイ!〆て564円、カミさんも同じ。
特にアジ、イワシが美味かった。全体的に味もマアマア。

これがデフレトレンドのせいなら、デフレ大歓迎!
もっとも、代金はカミさんが払ったからデフレは関係なかった
けど・・。

2013年1月 8日 (火)

身に沁みる国産品のありがたさ

 娘が乗らなくなって譲り受けた(買った)外車。

小さな不具合が度々起こります。
その発生率は国産乗用車とは雲泥の差ですね。

いつもの近くの修理工場へ持ち込んでも直らない
場合が多いんです。きょうもそうでした。

部品が合わない・・などの理由で。

その度に・・
この県に3軒しかない販売代理店へ持ち込む。
遠い、時間がかかる、高い。

それに「今日は都合が悪いから明日にしてくれ」
・・とのご返事。

やはり日本のモノとサービスは世界一です。

2013年1月 7日 (月)

七草の粥の香りや御御御付

 正月も7日になりました。

カミさんが七草粥らしきモノを作りましたが、調味料を
間違えて「粥もどき」に・・。

野菜たっぷりの御御御付に七草の香りを感じました。

「御御御付」、さて何と読むでしょう?

大学病院の泌尿器科で・・
投薬効果を聞かれました。
「勢いは強くなったかと医者は聞き」
「心持ち勢い増したと医者に言い」

転移の検査結果は・・
「コンマ以下二桁数でなり潜め」
神様の延命処置か!
もうしばらく生きられそうです。

昨年末の健診で要検査となったカミさん・・・、
今日検査の結果が出ました。

メールあり・・
「ご安心検査結果はシロでした」
返事・・
「当たり前クロなら今は喪中です」

以上、JJBBとも、まあ平穏な正月でした。

2013年1月 6日 (日)

暗い世を女性で変える心意気

 ここ数十年、NHK大河ドラマは殆ど見ていません。

期待した平清盛も、画面の暗さで見る気が喪失。

今夜から始まった「八重の桜」、まずは明るいスタートです。

ちょっと煌びやかだと思いますが、そこはドラマ、激動の
時代を乗り切る女性の力を拝見しましょう。

それに、会津地方は50年以上も前から、何回も訪れている
お馴染みの場所、最近は会津仏教を訪ねる旅をしました。

道路も建物も立派になりました。でも昔もいい町でした。





2013年1月 5日 (土)

円安でインフレ告げる灯油売り

 今日は二十四節気の小寒、一段と寒さが堪えます。

灯油の巡回販売の声が忙しく行き交わっています。

「と~ゆ! 18リッター、17××円!」
昨12月に1500円台だったのに200円以上もの値上げ。

ガススタのセルフ売りでまとめ買いしている私にとって
灯油の値動きには敏感です。

値上げの理由はいろいろあるらしいけど・・
このところの円安傾向が影響しているのは事実。

「この冬は灯油でインフレ誘導し」だったら・・。
これは庶民を直撃しているはず、とくに寒冷地には。

エアコンと灯油は、どっちが経済的かな?
シュミレーションの要あり。

とりあえず・・
石油ファンヒーターの設定温度を下げました。
ささやかな節約です。

2013年1月 4日 (金)

水まぶし四日のサギや初歩き

  寒かったけど、空はあくまでも青く、人は少ない日でした。

仕事始めの人は少なかったのかな、電車は空いていたから。

私は所用ついでに、今年の「初歩き」を楽しんで来ました。

さいたま市内の私鉄駅で下車、見沼代用水西縁に沿って南
下、同市天沼町で芝川沿いに出て北上、大和田公園を経て、
下車駅の1つ先の駅まで、正味約2時間余りのウォーキング。

水辺にはサギが立ち、カモが浮かび、土手の上や公園には
人が少なく、ノンビリと静かな冬景色が広がっていました。

陽を浴びながら保育園児たちが散歩中、同じ年頃の孫の顔
を思い出しながら・・歩く。

大和田陣屋の案内板に「3mの高さの土塁が残っている」と
あり、探したがわからず・・。

こうして約16500歩のウォーキングは終わりました。
今年も元気で歩こうと思っています。Img_19491

2013年1月 3日 (木)

君たちの年でないのに跳ねまわる

  クリスマス連休の長女に続いて、この正月は東京在住の
次女が帰省して来ました。次女は3匹のお供を連れてです。

子供がいない次女一家は、無類のワンちゃん好き!
スコッティ 2匹、ダックスフント、ウェスティ各1匹の計4匹
を飼い、うちウェスティを除く3匹を連れての帰省でした。
いずれも女の子です。

この3匹、それぞれ性格が違います。
ユミ(スコッティ)      最長老のオバアちゃん
   (色はグレー)    大人しく静かで孤独を楽しむタイプ。
ナナミ(ダックスフント) 活発で食いしん坊、行動的
      (色はゴールド)   短足で食卓の椅子に飛び乗れず。
アオイ(スコッティ)    静かで大人しいけど油断できない。
   (色はブラック)   食卓の椅子でじ~と食い物を狙って
              いて隙を見て掠め取る。

階下のキッチンとリビングは彼女らに占領されてしまい、
わが家の2匹の猫は、2階の私の部屋へ緊急避難中です。

可愛いけど賑やか、もうしばらくのガマンです。
                             写真:向かって左からアオイ、ナナミImg_19451_2



               

2013年1月 2日 (水)

十句ほどお経唱える初詣

  風もなく暖かい正月の2日目です。

毎年のことながら、歩いて往復1時間の坂東十二番札所、
天台宗の慈恩寺(さいたま市)へ初詣。

境内には臨時の出店が並び正月らしい賑やかさ!

持参した旧年の注連縄、破魔矢、御札を返納し参詣者の列
に並んで参詣しました。
注連縄なんて神教(もしかして破魔矢も)の慣わしでしょうが、
それを寺で受け入れるのも、おおらかな日本の精神風土の
良さかも・・。

ここで、いつも唱えるのが「観世音 南無仏 ・・・」で始まる
「十句観音経」(別名「延命十句観音経」)です。
これを唱え、後の処置は観音様にお任せでの気持です。

「般若心経」に挑戦したけど憶えきれず、この短い偽経を唱え
ることにしました。暗記も簡単ですから・・便利です。
毎朝、父母の位牌の前で唱えています。

新しい御札と破魔矢を抱えて帰宅。

ちょうど、大学駅伝で日体大が往路優勝を果たした時刻でした。Img_19421




2013年1月 1日 (火)

染みわたる札所の鐘や初日の出

 明けましておめでとうございます。

2013年の年が明けました。

寝ていても、1.5km離れた坂東札所から流れる鐘
の音が耳に染み込みます。
初詣の皆さんの声はまったく聞こえません。

陽が差し込んできました。初日です。
初日が私と入力画面を直射しています。

「病みぬけし胸に日矢さす初日かな」(石田波郷)

今年、平凡でも穏やかな1年でありますように・・

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本