2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 泥沼にうごめく龍の姿見る | トップページ | 新病院上げてほしいね気配りも »

2013年2月12日 (火)

悩んでも悩まなくても朝は来る (たるちゃん)

「健康川柳」(幻冬舎版)、「一日一笑」に続く近藤勝重編です。
タイトル文はこの書の5月月間賞になった句です。
                       (「お気に入りの本」参照)

“「くよくよ思わず、一日一日を楽しく過ごすんですよ」
  「明日は明日の風が吹く、ケ・セラ・せらセラでいいじゃないですか」 
  「そして期が来れば、さァーという気分でまた歩き出しましょう」”
 
サブタイトルにあるように、確かに「一日一句医者いらず」かもネ・・
自分の生活に合いそうな句を選んで手帳に書きました。
これら模範句の文字をいろいろ入れ替えてみるとオモシロイですよ。

人生、ここまで来ればオタオタすることはない!そんな心境です。

今日、私の句です。ただしこの本の句は模範としていません。

「どこ踏んだ猫が狂わすキーボード」
わが家のいたずら猫、ノートパソコンのキーボード上を踏み抜けた。
キー入力すると別の文字に化ける初めての不具合。
なんとかマニュアルを読んで対応しました。

« 泥沼にうごめく龍の姿見る | トップページ | 新病院上げてほしいね気配りも »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩んでも悩まなくても朝は来る (たるちゃん):

« 泥沼にうごめく龍の姿見る | トップページ | 新病院上げてほしいね気配りも »

無料ブログはココログ

お気に入りの本