2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« あれもあるふるさと自慢に花が咲き | トップページ | 無資格で違憲改憲思うまま »

2013年3月25日 (月)

どのように生きていくのか迫るがん

  前立腺癌の全摘手術から受けてから来月で1年を迎えます。
そんなおり、「がん放置療法のすすめ」(近藤 誠<著>、文春新書)
を読みました。(「お気に入りの本」参照)

前立腺癌、子宮頸癌、胃癌など7つの「固形癌」、さらに主に転移
しない「がんもどき」の具体的な症例を挙げ提言をしています。

前立腺癌の「ケース2」として・・
61歳時に前立腺癌と診断された男性、手術を勧められ著者のも
とを訪れ、腫瘍マーカー(PSAは8.5)は高いが、治療は不要と放置
され、以後73歳の今も元気に暮らす。

書評(2012年6月24日、朝日新聞)では著者の言葉として・・
“・・転移癌は初発巣の発生時に既に生じており、早期に発見・治
 療 されようがされまいが生存期間とすればほぼ同じこと。それ
 なら少しでも通常の生活ができる日を多くもったほうががいい”

私のPSAはケース2の人の数倍で、放置療法にすれば良かったか
どうかはわかりません。わかっても原状復帰はできません。

本書に「癌は老化現象であり自分自身」だと書かれています。
ある書には「成人病を治す専門医はいない」と書かれていました。
病気もわが人生の一部、人生と共存すべきですね。

まさに・・「完治には夢も希望ももてぬ癌」です。
友人に「治ってよかったですね」と言われます。
心の中では「でも完治ではありませんよ」と答えています。

癌は、残された時間、どのように生き、どのように死んでいきたいか
を迫ってきているんですね。
「大病が心の窓を開けてくれ」(安部佐保蘭)

誰にとっても人生は有限、残された時間を自分の自由な意思で選
びましょう。今日は改めて『覚悟』を決めた日になりました。

« あれもあるふるさと自慢に花が咲き | トップページ | 無資格で違憲改憲思うまま »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どのように生きていくのか迫るがん:

« あれもあるふるさと自慢に花が咲き | トップページ | 無資格で違憲改憲思うまま »

無料ブログはココログ

お気に入りの本