2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 下げられぬリスク因子のお年ごろ | トップページ | 平均ですこの仲間ではいつまでも »

2013年3月20日 (水)

信頼を裏切ったとき家滅び

 ほぼ1ヵ月半ぶりの東京でした。

いつもの店が定休日、銀座の店が営業中なので買物しようと
地下鉄銀座駅で下車したけど、出口B3がわからず立ち往生。

来る度に変わっていてまごつく東京です。

午後は「歴史・文化講座」の受講のため市ヶ谷のH大学へ。
演題は『世界遺産・石見銀山概論-近代編』と
     『銀山に暮らす町人と武士-情報をもつ家-』の二題。

前半の演題は一般的な歴史の流れ、いわば半分ハード、半分ソ
フトで教科書的なお話、講師は島根県庁のお役人ですから仕方
ないですね。この40分間はイネムリの連続。

後半は京都大学の先生、お話は石見銀山大森地区の旧家に残
されていた膨大な手紙を分析したレポートでした。完全に人間臭
いソフトのお話でした。この時間は完全に目が覚めていました。

19世紀の江戸時代には、手紙によるネットワークが完璧に出来
上がっていた。・・ということです。

このネットワークは人と人との信頼関係の上に成り立っており、裏
切ったり、あるいは信頼を見極められない人とネットワークを組む
とそのまま家の破滅につながった。

実際の手紙を例に、当時もやはり正確な情報を他人よりいかに素
早く集めるかが生き残る手段であった・・と、今も変わりませんね。

写真:市ヶ谷の外堀沿いの桜はイマイチ、曇天で花も地味でした。Img_20561

  

« 下げられぬリスク因子のお年ごろ | トップページ | 平均ですこの仲間ではいつまでも »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信頼を裏切ったとき家滅び:

« 下げられぬリスク因子のお年ごろ | トップページ | 平均ですこの仲間ではいつまでも »

無料ブログはココログ

お気に入りの本