2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 検診日出がけにゆるむ靴のひも | トップページ | 風混ぜる微粒子黄砂スギ花粉 »

2013年3月 9日 (土)

妻不在しゃべる相手は猫二匹(健康川柳)

 タイトルは近藤流健康川柳から引用させていただきました。

昨朝からカミさんは都下に住む娘宅へお泊りに・・。
婿さんが出張で留守とかで、カミさん、娘(長女)とその娘(孫)、
それに、都内から次女を呼んで3世代の女子会だそうです。

昨日の夕方からの私は、このタイトルにピッタリの状態です。

「元気?」とか「どう調子は?」・・と20歳を過ぎた介護状態の
オバア猫に聞く、もちろん返事なし。それに餌の心配も。

片や2歳の元気盛りのお嬢猫、隙があれば家から脱出を狙
っている。「ダメ!、ダメ!」の連続・・。

これじゃ、おしゃべりでなく一方的な話しかけですね。

ウタタネで夢を見ていれば・・
「お昼寝はこむらがえりで幕が下り」・・の始末。

「ピーンポン」、
誰かが来たぞ。

「はい」・・と不機嫌な声でインターホンで。
訪問者は自治会総会の通知を持ったはご近所の奥さん。

玄関を出る前に鏡を見て笑顔をつくり、そのまま外へ。
「ご苦労様」・・と、この変わり身が我ながらいじらしい。

夕方、思いついて隣の街へ。
おや!いつものワンちゃんが数十メートル手前からジィ~
とこっちを見ている。大事な忘れモノ!
仕方ないか!「わんちゃんのオヤツ忘れて遠回り」

「なんやかや猫だけでない独り者」

写真:梅の花がきれいです。Img_20291

« 検診日出がけにゆるむ靴のひも | トップページ | 風混ぜる微粒子黄砂スギ花粉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻不在しゃべる相手は猫二匹(健康川柳):

« 検診日出がけにゆるむ靴のひも | トップページ | 風混ぜる微粒子黄砂スギ花粉 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本