2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« お先にと言わずに目を閉じ猫は逝く | トップページ | しばらくは年のせいだと言いにくい »

2013年5月22日 (水)

受けた身だからこそわかるがん告知

  友人が癌治療の先端技術である「重粒子線治療」を受けるとのことです。
癌は「前立腺がん」です。

私はPSA値が基準の7倍以上あり、全摘手術を受けました。
彼の場合は年齢もあり手術を避け「重粒子線治療」と「ホルモン療法」の併
用で治療を受けると決めたそうです。
6ヵ月以上の長期治療ですが通院治療で済むとか・・。
それに先端医療の進歩に協力したい気持も大きい。

素人の考えですが・・
体に負担がかかる手術を避けたのは賢明ですね。
それに高齢者のがんは進行が遅く、がんよりも他の病気で亡くなる場合が
多いと聞いています。

この週末に彼に会います。語り合いましょう。

全摘手術後の私は数値こそ順調ですが体調がすぐれない時があります。
手術のせいかは分かりませんが、どうしてもネガティブに考えてしまう。

自分が病んでみて初めて他人の痛みがわかりますね。
「人はみな皆自己体験で判断し」


写真:今朝の花です。Img_21781

« お先にと言わずに目を閉じ猫は逝く | トップページ | しばらくは年のせいだと言いにくい »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受けた身だからこそわかるがん告知:

« お先にと言わずに目を閉じ猫は逝く | トップページ | しばらくは年のせいだと言いにくい »

無料ブログはココログ

お気に入りの本