2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 孫が来てわが家は梅雨を遅らせる | トップページ | 踏み出して三歩歩けば旅心 »

2013年6月 2日 (日)

来たときと嬉しさ同じ孫帰る 手塚銀平

 1泊した娘と孫が帰りました。

今回帰るとき、タイトルほどの感慨はありませんでしたが、
疲れたのは事実です。

昨夜は23時頃まで起きていたのは孫娘です。
興奮して寝付けなかったようです。

女の子らしく、家の中で遊ぶのが好き、一瞬の間に12畳
の居間がオモチャで足の踏み場がなくなる。

甘えて突進してくる。
人形と向かい合って話しかける。(写真)
・・などなど。

ジジババは交代で見守りました。

そんな一陣の風を残して孫は帰りました。

今度はどんなしぐさでわれらを楽しませてくれるかな!
待っているよ。130602img_2239

« 孫が来てわが家は梅雨を遅らせる | トップページ | 踏み出して三歩歩けば旅心 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来たときと嬉しさ同じ孫帰る 手塚銀平:

« 孫が来てわが家は梅雨を遅らせる | トップページ | 踏み出して三歩歩けば旅心 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本