2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« とりかえす何をどこからこの国に | トップページ | 指呼の間になった古里半世紀 »

2013年7月20日 (土)

玄関でいきなり孫を預けられ

  急に、娘が孫をつれてわが家に来ました。

玄関ドアが開いたと思ったら「おじいちゃ~ん」・・と孫娘の声。

玄関へ出ると、娘は抱いていた孫を「はい、ジイちゃん」・・と私に。
それからが大変!間もなく3歳になる孫、じ~となんかしていない。

娘はカミさんと話に夢中、こっちはだんだん疲れが出てくる。
「可愛さが疲れに勝る孫相手」・・も、2時間が限界でした。

ジジババだけの世帯に幼児の声が響くのもたまにはいいですね。
明日は、「来る時とうれしさ同じ帰る時」・・の心境でしょうか。

子どもの成長は速い。会うたびに口が達者になっています。

写真上:はしゃぎかえる孫娘、
写真下:今晩はしのぎ易い。室温25℃、湿度55%

Img_23711

Img_2373

« とりかえす何をどこからこの国に | トップページ | 指呼の間になった古里半世紀 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関でいきなり孫を預けられ:

« とりかえす何をどこからこの国に | トップページ | 指呼の間になった古里半世紀 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本