2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 珍しや雨の降らない塩の道 | トップページ | さて今日はどこにつなげる塩の道 »

2013年7月 1日 (月)

上り良し下りが辛い国境

  塩の道歩き2日目。
お天気は今日も良さそうです。運が良いですね。
今日のコースは大網峠超えで姫川温泉へ。時間と体力があれば今晩
の宿に荷物を預けて北小谷まで歩く予定です。

作ってもらった大きなおにぎり2個を持ち、女将さんの見送りを受けて
出発です。時に7時20分。道の駅温泉、背後は広大なスキー場です。

Img_23261

間もなく江戸期の口留番所跡だった山口関之跡(写真)へ着きました。
なんとなくポケットに触ったら何か固いが入っている。調べたら部屋の鍵
でした。電話をして車で取りにきてもらいました。ロスタイム約20分。

Img_23271

大網峠までは快適な歩きが続きました。
右に戸倉山、左にかつて頂上を極めた雨飾山を眺めながらの歩行です。
下の写真は途中の白池、中央左奥の山は雨飾山(日本百名山)です。

Img_23311

大網峠は標高840m、往時は茶屋・宿屋が4軒あったそうです。

Img_23361

さて、ここからは下り坂、3km、80分の横川吊り橋までが難コース。
流れ落ちる水と一緒の下り坂、半分崩れ落ちた道、柔らかい砂道、
雨の日やその翌日などは歩行不可能でしょう。滝も多かった。写真
は横川吊り橋です。下は目もくらむ高さ、水量も多く轟音もすごい!

Img_23401

大網地区では道がわからず、農作業中のご婦人に聞いて車道を
平岩駅に向けて一気に下りました。姫川沿岸に降りたら目の前が
今晩の宿「ホテル白馬荘」でした。5時間で峠を越えました。
まだ12時半、荷物を預けて北小谷まで約10kmを歩くことにしました。

後半の大部分は旧国道歩きとなりました。
期待した往年の塩の道も左右の判断ミスで再び旧国道へ。
真っ暗いトンネルの中を杖を頼りの暗闇歩行、洞門歩きなど思わぬ
経験をして大糸線北小谷駅へ。鉄道が不通のため、代行バスで平岩
まで戻りました。この日は41280歩でした。

写真上:葛葉峠の「ポッカ栃の木」、
同  下:ミスで旧国道の暗闇トンネルへ。 明るい所へ出た時はうれし
     かった。左側外は姫川。

Img_23411_3

Img_23431_3

 

« 珍しや雨の降らない塩の道 | トップページ | さて今日はどこにつなげる塩の道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上り良し下りが辛い国境:

« 珍しや雨の降らない塩の道 | トップページ | さて今日はどこにつなげる塩の道 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本