2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ひょろひょろと猶露けしや女郎花 芭蕉 | トップページ | なつかしやテレビで登る三名山 »

2013年8月30日 (金)

同胞の資質活かして世界一

 「日本の小さな大企業」(前屋 毅著 青春出版社)を読みました。
読み易く、お値段もお手頃で就活中の学生さんにもお勧めです。
(「お気に入りの本」参照)


副題に「これがなければ世界は止まる」とあります。
決して大げさな言葉ではないと思います。

紹介している会社は6社。
いずれも世界を舞台に活躍している中小企業です。
私は技術系ではないので初めて聞く会社ばかりでした。

ディスコ:
 インテルが使っている精密加工装置の大半を供給している。

入曽精密:
 一辺0.3ミリのサイコロを作ったこの会社の従業員はわずか14名。

東成エレクトロビーム:
 卓越した技術で人工衛星や宇宙ステーションの溶接まできく受けている。

他にNSKマイクロプレシジョン、小原歯車工業、前川製作所などを紹介い
ています。

田原総一郎氏は・・
「彼らの世界一が、特殊の才能や技術ゆえでなく、日本人や日本企業 が
  共通して持つ資質を活かしきった結果だ」

さらに・・
「自分はこんなにこだわりや使命感を持って働いているのか、と身の引き
  締まる思いがする。同じ日本人として誇らしい」と述べています。

元気な中小企業を応援します。
併せて、メーカーだけでなく、元気な他業種の中小企業も紹介して下さい。

写真:今朝の花、花じゃなくて葉がきれいなんですね。Img_24041

« ひょろひょろと猶露けしや女郎花 芭蕉 | トップページ | なつかしやテレビで登る三名山 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同胞の資質活かして世界一:

« ひょろひょろと猶露けしや女郎花 芭蕉 | トップページ | なつかしやテレビで登る三名山 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本