2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 外遊と会議中でも水が漏れ | トップページ | 同胞の資質活かして世界一 »

2013年8月29日 (木)

ひょろひょろと猶露けしや女郎花 芭蕉

  朝、目覚めたのが5時頃、やはり目が覚めたカミさんが私
の寝室に入ってくるなり「涼しいから歩こう」と誘います。

支度をして家を出たのが5時半。

涼しい風が頬を打ちます。気持がいいですね。

まず、目についたのがすっかり黄色に染まった稲穂の波。
夜明けの陽を浴びてキラキラと輝いていました。
暑い暑い!・・と言っている間に、しっかり秋の気配ですね。

出会う皆さんと「おはようございます」・・と挨拶をし合います。
「挨拶は先手でしましょう」・・が身についています。

秋の七草の1つ、女郎花(写真)が咲いていました。
カミさんと秋の七草を思い出そうとしても、なかなか出てこない。

50分後家に着いたら、やっとフジバカマが出てきました。
すっかり記憶の引きだしが錆びついているようです。Img_24031

« 外遊と会議中でも水が漏れ | トップページ | 同胞の資質活かして世界一 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひょろひょろと猶露けしや女郎花 芭蕉:

« 外遊と会議中でも水が漏れ | トップページ | 同胞の資質活かして世界一 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本