2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 友づくりがんも仲間に入れてやり | トップページ | 訪れた現地の歴史知らぬ間に »

2013年9月24日 (火)

入れない母と娘の会話には

  連休に帰省していた次女が昨夜帰宅しました。

彼女は結婚して都内に住み、子どもはいません。
子どもの代わりにワンちゃん2匹連れの里帰りです。

母と娘、いつ見ても会話をしています。
よくもまあ、話すことがあるものだ!・・と感心します。

私は兄弟4人、上3人が男、末っ子が女、私は次男。
長兄から妹まで、わずか6歳しか違わないんです。

私は18歳で上京、母も働いていたし、狭い家の中で
は男兄弟はいつもケンカばかり、母と妹がジックリ話
している風景は見たことがありません。

・・と、わが家のカミさんに話したら
親子でも、母と娘は特別な関係だと言います。
確かに私が帰省した時も母とはソッケない話しばかり。
わが家には男の子がいないから、しょせん男には理解
できないかもネ・・。

私はわが家のカミさんと娘の会話には入り込めません。
いつも私は傍聴人、またはワンちゃん(写真)のお相手
かテレビの視聴です。

それに・・
娘は実家へ来ても、何もしない。すべて母親任せ。
帰りはドッサリ食料品、日用品を車に積んで帰る。

あ、良しとしましょう。

スコッティのアオイ(上)とダックスフントのナナミ(下)です。

Img_24711_2

Img_24741_2

« 友づくりがんも仲間に入れてやり | トップページ | 訪れた現地の歴史知らぬ間に »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入れない母と娘の会話には:

« 友づくりがんも仲間に入れてやり | トップページ | 訪れた現地の歴史知らぬ間に »

無料ブログはココログ

お気に入りの本