2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 打ってよし勝負に負けても華がある | トップページ | また悪さはじめたのかなあの腫瘍 »

2013年9月12日 (木)

新版の中山道膝栗毛

「一路 上・下」(浅田次郎著、中央公論新社)を一気に読み切りました。
一言でいうと、参勤交代で参府する旗本一行の奇想天外な旅物語です。

いうなれば、「現版 中山道膝栗毛」でしょうか?
馬が考える、馬同士が話す、鯉が人間の声を聞くなど、擬人法が多く使
われている。安中の遠足(とおあし)の超人的な人間の走る速度など・・。

舞台は幕末の中山道ですが、随所に現代の考え方が入っています。
でも、本の筋には、お家騒動、参勤交代、街道、宿場、本陣、幕府の職制
などが丁寧に描かれています。それに登場人物の心理分析が良い。

本格的な時代小説というより時代娯楽小説だと思います。
まあ、マンガを読むような感じでした。だから一気読みが可能なんですね。

写真:今朝は近くの屋敷林に青サギが羽を休めていました。
Img_2415

« 打ってよし勝負に負けても華がある | トップページ | また悪さはじめたのかなあの腫瘍 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新版の中山道膝栗毛:

« 打ってよし勝負に負けても華がある | トップページ | また悪さはじめたのかなあの腫瘍 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本