2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 探してる喪明けの友にかける声 | トップページ | 仕方ない浅慮を嘆くことなかれ »

2013年10月 1日 (火)

勝ち組の雄たけび響く巻末に

「美しく齢を重ねる」(金美齢 著、WACBOOK、「お気に入りの本」
参照)を読みました。

ちょっと気になることが・・この本の巻末です。

“どんな老後を迎えるかは、どう生きてきたかの結果だ”
とあります。

確かに、“努力も研鑚もなく忍耐もなく、安易に弱者の道を選ぶ人
が多く見える。自分を社会的弱者だと思い込んでる人は・・(略)・・
その結果で貧困や孤独であるなら、それを政治や社会の責任に
転嫁するのはやめるべきだ。”・・とはそのとおりですね。

“自分の人生の責任は自分で持つ”・・もそのとおりです。

でもこの本を読んで感じるのは・・
この考えを社会でどう育んでいくかという点が抜けています。
人生の暗転はだれにも起こりうること、
努力して報われないことなど普通ですね。


世の流れが変転とする中で個人はどう生きるか、老後の責任は
自分で持て、その為に若い時からどう生きるか・・と教育なり、啓
蒙なりが必要です。老いてから気がついても遅い!

どこまで自己責任かの範囲の議論もなく、簡単にご自分の成功
体験で割り切って欲しくない・・そんな気持です。


むしろ、国民が積極的に政治に参加しを監視することが必要だ
と思いますが・・。

« 探してる喪明けの友にかける声 | トップページ | 仕方ない浅慮を嘆くことなかれ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち組の雄たけび響く巻末に:

« 探してる喪明けの友にかける声 | トップページ | 仕方ない浅慮を嘆くことなかれ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本