2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 水でなくコントロールは民がされ | トップページ | 将軍の行列見たり毛唐人 »

2013年10月23日 (水)

石垣が崩れて街も静かなり

 台風が来る前に・・と思い出かけました。

思い立ったのは昨日、
そうだ!戊辰戦争の激戦地、奥州白河へ行こう。

JR白河駅着は10時04分、レンタル自転車で小峰城址へ。
駅舎は大正時代の建築。

Img_25201

城は戊辰戦争白河口の激戦で消失、復興櫓が目立つ。

ところが、石垣内は立入禁止。
東日本大震災でアチコチ石垣が崩れたからだそうです。

散歩中のオジさんによると・・
復興櫓も、心なしか左に傾いているとか。

Img_25111

城址の後は南湖公園へ(下の写真)
Img_25171

関川寺経由で一旦、駅へ戻り自転車を返却。

旧奥州街道を歩いて白坂を目指しました。

下の写真上は白河口の古戦場にある戊申戦役の碑です。
案内板右下の古写真正面が戊申戦役の碑、
碑右上の丘が激戦のあっ
た稲荷山です。
Img_25241

下の写真は古写真の撮影位置の少し手前から碑を撮影。
奥州街道は碑の手前を右折して白河城下に入ります。
慶応4年(1868)5月1日、ここの戦いだけで会津・仙台・棚
倉藩は700名の戦死者を出して敗走したそうです。

Img_25282

白河駅前から旧奥州街道を歩いて、途中、白河第五小学校
方面へ右折、JR白坂駅まで休みなしの2時間半の歩き旅で
した。この日の歩数は21000歩。

« 水でなくコントロールは民がされ | トップページ | 将軍の行列見たり毛唐人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣が崩れて街も静かなり:

« 水でなくコントロールは民がされ | トップページ | 将軍の行列見たり毛唐人 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本