2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 年金を積んだお元気バスが行く | トップページ | 居ながらに季節楽しむ窓向こう »

2013年11月28日 (木)

マドンナに五十五年の想い遂げ

 前にも書きましたが、私の母校(高校)は男子校でした。

1学年約440名中、女子はたった5名。

私のクラスの女子は2名、残り女子3名のクラスはバラバラ。

女子生徒3名の1人が隣町に住んでいると聞いたのが数年前です。
もちろん彼女とは在学中も卒後も話したことはありません。

その彼女から、今年春に自作の詩集を送っていただきました。
私だけでなく同級の仲間たちも送られていました。

そんなわけで・・
詩集をいただいた仲間6人で彼女を昼食会に誘い出したのです。
それに、中学で同級だった他クラスの同級生も参加。計8名。

出会った彼女の顔は、もちろん、とし相応のお顔でした。
これはこちらも御同様、お互い様です。

在校中、遠くでしか見られなかった女生徒と半世紀以上経って話をし、
握手をしたんです。感激と同時に時間の長さを実感!

3時間にわたった食事会は積もる話で、それこそあっと言う間でした。
再会を約束して別れました。

« 年金を積んだお元気バスが行く | トップページ | 居ながらに季節楽しむ窓向こう »

親睦、懇親」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドンナに五十五年の想い遂げ:

« 年金を積んだお元気バスが行く | トップページ | 居ながらに季節楽しむ窓向こう »

無料ブログはココログ

お気に入りの本